FC2ブログ

『現代短歌新聞』2017年6月号


その他の短歌の本読む135

『現代短歌新聞』2017年6月号




『現代短歌新聞』は現代短歌社から毎月でている新聞です。中途半端に古いんですが、この号だけ読みました。



澄んでゐる一椀の底にある貝(かひ)を挟まうとして怪(け)しき箸づかひ
/岡井隆「うすき闇の底の沼」

→一面の「現代の作家」は岡井隆さんと尾崎左永子さん。
箸で貝をうまく挟めない。どちらかというと箸が悪役みたいだ。



長き髪ひきずるごとく貨車ゆきぬ渡橋をくぐりなほもゆくべし
/葛原妙子『飛行』

こはれたる義歯(いれば)をもちて信号をわたり小路をふたつ入り来ぬ
/片山貞美『すもも咲く』

どんどん移動する歌にふたつ丸をつけた。この良さはなんだろう。入れ歯が、それもこわれている入れ歯が歩き回ってるみたいだから楽しいのか。



拳銃のようにリモコン向ける手が世界を変えてゆく窓の中
/山田航「ふるさとだった」


ナイフかと思う角度にケイタイを持ってこちらへ来る中学生
/小川佳世子『ゆきふる』

→作品特集「北海道の歌人」から。小川さんの歌はナイフとケータイで、山田さんの歌は拳銃とリモコン。普段使うものを凶器に重ねることで緊張感がもちこまれる。
「窓の中」って、自分は窓の外からそれを見ているものとみた。窓の外と内側の関係と、画面の外と内側の関係。



夫にもと二本つづけて押ししかば取り出し難し自販機のお茶
/西谷佐和子

→読者歌壇から。自販機あるあるでもあり、夫がいなければ気楽だと遠回しに言っているようでもある。



というわけでこの新聞おわり。

んじゃまた。



▼▼▼



【こっちもおすすめ】

noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。




依頼こなし日記 2019.6/4-7/10  ~思考ロックとメッセージ
https://t.co/MQXeJxDevv

依頼こなし日記 2019.7/11-8/10  ~心が燃える時
https://t.co/nejv0vc4NY


2019年2月のオレの短歌とその余談  ~文体そのものが行為になり得ている
https://t.co/Y6OCQ0tyUY

2019年3月のオレの短歌とその余談
https://t.co/GjAJRlbjWL

2019年4月のオレの短歌とその余談
https://t.co/a7jChVNp04



などなど、
500円ですべての記事(約120記事)が読めます。よろしければどうぞ。




■■■■■

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR