FC2ブログ

ぬらっ。私の赤ちゃん

ぬらっ




"92冬④私の赤ちゃん /世にも奇妙な物語"
https://t.co/Vcok2o4x4c

「私の赤ちゃん」見た。
──主人公(萬田久子)が産んだはずの赤ちゃんが、どこにもいない。ショックで苦しい日々をすごす。赤ちゃんがいるものとして過ごす主人公。オルゴールを開ける存在、哺乳瓶を吸う存在があり、そこに赤ちゃんを感じている。──

よかったなとは思ったけど、音楽で感動させようとしているのが見えて、ちょっと感動うすれる。こういうときに男はなにもしないというか、出来ることもないのだなあ。

被害者の顔、サムライが斬る!、蟹缶、妄想特急、穴、は動画みつからず。
「穴」はおもしろかった記憶がある。
「ロンドンは作られていない」は以前見た。

あと一話で第三シリーズがおわり、1993年からはいよいよ特番だけになる。ここからは進むのが早くなるだろう。







探して見つけて買いました https://t.co/vQmUHyov2l

山田ズーニーさんの本も買った。寺山修司の名言集も買った。いろいろ読んでいこう。



短歌研究2018年9月号・短歌研究新人賞のことを思うぞんぶんに書く【4】選考座談会・前編
https://t.co/jFAGNjDcXK
有料マガジンを更新しました



▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。




角川「短歌」2018年9月号の荻原裕幸さんの歌壇時評の感想すこし
https://t.co/CzRqDYixti

「短歌研究」2018年9月号・短歌研究新人賞のことを思うぞんぶんに書く【1】
https://t.co/9LDZrsWmr0

「短歌研究」2018年9月号・短歌研究新人賞のことを思うぞんぶんに書く【2】
https://t.co/lcoeLM1kt6

「短歌研究」2018年9月号・短歌研究新人賞のことを思うぞんぶんに書く【3】
https://t.co/f993MV2JHS



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR