FC2ブログ

「世にも奇妙な物語」全部見て順位をつけるぞ【4】1991年10-12月

48c817cc.jpg


「世にも奇妙な物語」全部見て順位をつけるぞ
【1】1990年4-9月
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52214819.html

【2】1990年10月-1991年3月
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52217094.html

【3】1991年4-9月
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52219169.html


のつづき。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/8295/title.htm
このデータベースを参考にして、上から(古いのから)順番にYouTubeなどで見ていく。

記事の最後に、今回のベスト10、ワースト3を決めるから、最後まで見ていってくださいね。







(動画のリンクを貼るけど、削除されている場合があります)


"世にも奇妙な物語 #133 バイパスの夜 寺田稔"
https://t.co/THwz1dzCZ3
「バイパスの夜」見た。
──タクシーの客が銀行強盗と殺人をしてきたといえば、運転手は学生と浮気した女房を殺したという。ふたりの話はゆっくりと交わっていく。──

どちらもいい役者だけど、無口な運転手がとくにいい味だしている。いい演技。ほとんど台詞だけで成り立っている。
コメント欄はへんなのがわいている。

ニュースおじさん 戦争はなかった 開かずの踏切 40年 赤い雲 耳鳴り 真夜中のディスクジョッキー 聞こえる 死にたくない ボクの好きな先生
動画がみつからなかった。





"世にも奇妙な物語 「超短編集2」"
https://t.co/ZqeRGhU9eU

「still」見た。
──主人公が朝起きると家族が止まっている。外に出ると人々が止まっている。だが時間は動いている。動いている人を探すが誰もいない。そんなとき、車の音がする。車に乗っていた男二人は主人公を「回収」しようとする。──

これ、えらく面白かった記憶があり、いま見てもなかなか良かった。怖がるようなものではないが、動かない人をたくさん見ていると妙に不安になる。回収の人たちは「業者」って感じだったな。「センターに連絡」って言ってたな。背後に組織がありそう。
人が交換されてたな。連続した時間のなかを生きているつもりでいるが、こんなことだったらわけわからないな。

わからなさが解明されるわけじゃなくて、別のわからなさに切り替わるっていうのがいいな。最後だってそうでしょう。

しかし「超短編集2」じゃないよ。12分あるんだから。タイトルがおかしい。





"【 何回見ても 面白い 】 世にも奇妙な物語【死神】【隣の声】怖い話 恐怖"
https://t.co/8V22QASVlw

「死神」見た。
──主人公(そのまんま東)は恋人との結婚に踏みきれないでいる。そんなある日、死神があらわれる。死神は足元にいればいいが枕元にいるとその人は死ぬという。ある日彼女が崖から転落し、搬送先の病院のベッドの枕元に死神があらわれる。主人公は彼女をすくうためベッドを動かす。──

最後のろうそくの場面がとても印象的だ。
あらためて見ると筋の通った話だ。崖では落ちたふりをしたり、病院では死神をあざむこうとする。その報いを受けたとはいえるが、動機はちょっとしたことなんだし、同情する。

主人公には弱いずるい心と、彼女を守ろうとする心の両方があり、好感をもった。オレが「人間らしさ」を感じるのはこういう男だ。





"世にも奇妙な物語 未来の思い出"
https://t.co/q40hJ5fE9X
「未来の思い出」見た。
──林家こぶ平と石田ゆり子が演じる二人が撮った写真には老夫婦が写っている。未来が写った写真。彼は仕事をがんばるようになり、未来の写真の背景がきれいになる。だが仕事のしすぎから二人の仲が悪くなっていき、ついには写真の女性が別の女性に変わってしまう。──

なんだかんだで普通にいい話だ。男は極端になったりぐらぐらするけど、石田ゆり子のほうは安定してていい。
こういう写真があったらもっと頑張れたりするんだろうか。





"911107②ボールペン /世にも奇妙な物語"
https://t.co/KWr1TnA1t7

「ボールペン」見た。
──緑のボールペンで毎日願い事を千回書くと願いが叶うという噂がある。スポーツで勝ったり、欲しいチケットを手に入れたり、続々と願いを叶える者があらわれる。主人公の高校生ふたりは、ひそかに想っている互いの名前を毎日千回緑のボールペンで書き続けた。すると……──

これは覚えてた。万葉集の授業があるけど、こういう願掛けは古くからあったかもしれないね。「とりかへばや」だったら伏線になってたな。
「幸せなら手をたたこう」を歌いながら自転車こいでるお巡りさんはなんなんだ。幸せそうだなあ。
入れ替わってからが本番でしょうに

あと「ギュイギュイーン!」みたいな音はなんなんだ。はりつめた意識、みたいなのを表現しているのか。昔のドラマっぽさがある。





"911107③みどり紙 /世にも奇妙な物語"
https://t.co/Z9qNh9KILw
「みどり紙」見た。動画に音声がなかった。

記憶で書く。──自然のなくなった未来が舞台。植物がないせいで、酸素がない。人間を植物にする技術があって、国から「みどり紙」が届いたら植物にならなければならない。主人公たちはみどり紙から隠れ逃げ回っている。──

スケールの大きな傑作と記憶している。ぜひともまた見たかったので、音声がないのは残念。
今だったら「みどり紙」が「みどりメール」だったりするのだろう。





"無人艦隊 世にも奇妙な物語"
https://t.co/AeGZ2Nu7eU

「無人艦隊」見た。
──船から人が突然消えてしまう原因不明の現象がおこる。それを調査している主人公たちの船からも、つぎつぎに人が消えてしまう。そんななかで、戻ってきた者がいた。彼は「思い出した」のだという。──

なかなかモヤモヤする話だ。原因不明の怪現象に、なぜ効果があるのかわからないような解決策。目がかすむとか、白い空間とか、ごく断片的なことしかわからない。謎が濃い。
演技が下手なのが気になる。こういう場所が舞台というのはめずらしい。

動画が四つもあった。動画がひとつもない話も多いのに。
軍事的なことに興味ある人たちが見るのかなあ。





"怪しい鏡 世にも奇妙な物語" https://t.co/kr90m6POW6
「あやしい鏡」見た。
──金と地位だけを信じる汚い父と、それを憎む娘の物語。娘は別荘で父への憎しみを語り、殺そうとする。
あやしい鏡がある。人を殺した者がその前に立つと殺した者の影が映るという。──

娘(南野陽子)が雰囲気のある役をしている。「よくてよ」みたいな言葉づかい、ひさしぷりに聞いた。
これって父が勝ったっていうことなんじゃないの。そこが不満。





"911114③驚異の降霊術"
https://t.co/BiK9OK6GIN
「驚異の降霊術」見た。がちゃがちゃした話だ。
──テレビ番組で降霊術師がシャーロック・ホームズの霊を呼び出すという。架空の人物の霊を呼び出せるはずがない、と男がその場にたちあう。──

本物と偽者のあいだを行ったり来たりして、どっちなんだと揺さぶられるが、降霊術師のおばちゃんのキャラが濃すぎていかん。
ニセモノであることを暴こうとするというだけでも、オカルトに対してはだいぶ優しい態度だと思う。

消えた「こわ こわ」という動画チャンネルが動画をあげなおしていた。見てないのがあるから、明日からはすこしさかのぼる予定。





"910411①呪いの紙人形"
https://t.co/ze3twMFf9u
「呪いの紙人形」見た。
──誰もかれもが嫌いになっていた子どもが、魔術師に出会い、呪いの紙人形を手にする。人形に名前を書けば人形に起きたのと同じ目に合わせることができる。新しい父親、先生、医者、男友達を呪うと、15年後に効果があらわれはじめた。──

すっかり状況がかわってから呪いの効果があらわれる。呪いをかけた人に跳ね返ってくるわけで、意地悪な道具だなあ。
急に大人になったり、また子供に戻ったりするところに少し無理がある。魔術師のヒゲよ。

無いと思ってた動画が見つかったので、少しさかのぼっている。





"910502③目覚まし時計"
https://t.co/FeKiP6vk96
「目覚まし時計」見た。
──玉の輿を望むドジなOLの主人公(南果歩)は不幸をとりのぞく不思議な目覚まし時計を手にする。災難が起こると目覚まし時計が鳴って、翌日の朝のベッドにワープする。
交際中の彼の「大事な話」を聞こうとすると目覚まし時計が鳴って聞きそびれてしまう。──

南果歩、好きなんだよねえ。彼の名前が「工藤」なのでドキドキした。
玉の輿をねらってるドジなOLという設定が、いかにもドラマっぽい。こういう人ってほんとにいるのかと思ってしまう。

番組が番組なので、ハッピーエンドになろうとすると何か起こるんじゃないかと警戒する。





"910613③ベビーシッター"
https://t.co/yrf48Dj39y
「ベビーシッター」見た。
──主人公(浅香唯)がベビーシッターにむかった先は小説家の家だった。ここにきたことを誰にも言ってないことを確認される。動いているような気がする絵がある。窓が閉まっているのに入ってくる風、とつぜんの停電。子供ふたりは「悪魔」だった。──

すぐ雷が鳴ったりガラスが割れたりして、ガチャガチャした話。「エクソシスト」とかそういうのを見てつくったような内容。
浅香唯がかわいい。





"910829②告白パーティー"
https://t.co/etVa936hot
「告白パーティー」見た。
──女性四人があつまり、秘密を告白しあう。エスパー、殺人鬼、宇宙人、そして……──

「廃校七番目の不思議」みたいな話だ。典型的なやつをいくつかつめこんで、ほんとか嘘かわからなくする。
ガニメデ星人ってこんなんなのかと思ったのを覚えている。あの宇宙人もほんとに「典型的」だ。耳がとがってて羽がはえたら宇宙人って。予想を超えていかない。





"91秋④開かずの踏切"
https://t.co/L8tAY8UZeU

「開かずの踏切」見た。
──主人公(石田純一)がバイクで田舎道を走っていると踏切の遮断機が降りていて足止めされる。しかし電車はこない。そこへ奇妙な人たちがあらわれる。作業員ふうの男が息子に買ってやったミドリガメの話をしたり、女が100円をねだってきたりする。──

これは面白かったな。好きだよ。
開かずの踏み切りは都会にあるものだけど、田舎にひっくり返されたことでシュールな風景になる。
すぐ死ぬミドリガメを売る商売の話、老人の「故障したら直すものだ、故障したら捨てるという人間がいるが、その人間こそ故障している」という話。
それから野球少年もだけど、踏切の住人たちは現代社会からやや距離をおいている。興味深い人たちだ

最後ちょっとよくわかんなくなるけど、踏切があの世とこの世を隔てていたんだろう。ってことはみんな死者なわけで、ちょっとさみしいな。

似てる話をあげるなら「峠の茶屋」とか「我が家はどこだ」かな。閉じ込められてるわけじゃないんだけど、同じ道ばかりグルグルして進めなくなって、そんななかで出会いや気づきがある。
この「開かずの踏切」は、住人のキャラが立っていたし、のどかで良かった。

この番組は都会の若者~中年の話が多いんで、たまに田舎とか昔っぽいの話があると印象にのこる。こどもや老人の存在感もドラマを豊かにする。

のどかと言ったけど、血液や鋭利な刃物のようなものの映像が瞬間的に挿入される。サブリミナルかと思ってしらべたけど、一度見てわかるのだからそうではないだろう。これらはラストシーンへの伏線になっている。





"91正月③帰れない"
https://t.co/JHq3jEbgZ8
「帰れない」見た。
──主人公(片岡鶴太郎)は家族とうまくいっていない。おでん屋で電話をかりて、もう帰らないと宣言する。それから自分の家を見つけられず、帰れなくなる。待ち合わせをしても会えない。──

二回つづけてループものだ。「我が家はどこだ」とかなり似ているが、オチは180度ちがう。
飲み物の入れ物で
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR