FC2ブログ

ぬらっ。呪いの紙人形

ぬらっ



"910411①呪いの紙人形"
https://t.co/ze3twMFf9u
「呪いの紙人形」見た。
誰もかれもが嫌いになっていた子どもが、魔術師に出会い、呪いの紙人形を手にする。人形に名前を書けば人形に起きたのと同じ目に合わせることができる。新しい父親、先生、医者、男友達を呪うと、15年後に効果があらわれはじめた。

すっかり状況がかわってから呪いの効果があらわれる。呪いをかけた人に跳ね返ってくるわけで、意地悪な道具だなあ。
急に大人になったり、また子供に戻ったりするところに少し無理がある。魔術師のヒゲよ。

無いと思ってた動画が見つかったので、少しさかのぼっている。






"The Real Size of the Universe (Even a Child Will Understand It)"
https://t.co/SW2eDz9azM







オレの名前が「吉夫」と書かれて送られてきた知らない人の歌集があったんです。それを理由に、その歌集については厳しめにブログに書いたんだけど、怒りのコメントがあった。
それから何年か経ったけど、やっぱり怒られる筋合いはないと思う。普通に失礼だし、マイナスからのスタートになる。

こんな歌集謹呈は××だ :
https://t.co/giSknNoiUJ

クソみたいなコメントに対して返信を書いた :

https://t.co/doZ0RHyasI

2014年9月。四年前かー。







短歌Tシャツがとどいた。

気づくとは
傷付くことだ
刺青の
ごとく言葉を
胸に刻んで



▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。




もっと賞の話がしたい!/オレの企み
https://note.mu/mk7911/n/nc2b1b8188836

「新人賞 連絡」
https://t.co/ZTB10Ogssw

もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR