FC2ブログ

ぬらっ。still

ぬらっ



"世にも奇妙な物語 「超短編集2」"
https://t.co/ZqeRGhU9eU

「still」見た。
主人公が朝起きると家族が止まっている。外に出ると人々が止まっている。だが時間は動いている。動いている人を探すが誰もいない。そんなとき、車の音がする。車に乗っていた男二人は主人公を「回収」しようとする。

これ、えらく面白かった記憶があり、いま見てもなかなか良かった。怖がるようなものではないが、動かない人をたくさん見ていると妙に不安になる。回収の人たちは「業者」って感じだったな。「センターに連絡」って言ってたな。背後に組織がありそう。
人が交換されてたな。連続した時間のなかを生きているつもりでいるが、こんなことだったらわけわからないな。

わからなさが解明されるわけじゃなくて、別のわからなさに切り替わるっていうのがいいな。最後だってそうでしょう。

しかし「超短編集2」じゃないよ。12分あるんだから。タイトルがおかしいし、正しい物語のタイトルで検索してもでてこない。








第61回短歌研究新人賞:朝日新聞デジタル
https://t.co/cMTHZiXAb4
朝日新聞デジタルきました

夕刊の記事だそうで、こちらでは手に入らなかった。紙でも読んでみたかった。







ぬらっと!歌集
とかやりたいんだけど、気持ちが落ち着かない夜が多くて、いまは控えています。




▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。




「新人賞 連絡」
https://t.co/ZTB10Ogssw

もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR