『未来』2017年7月号に掲載された短歌10首




「ウケる」工藤吉生

地上から地下へと降りて電車に乗り地上へのぼれば目的地です

悲しみはリュックサックを背負うのか背負って昼の電車に乗るか

まるいベンチでみんなスマホをひからせて空から見れば一輪の花

コンビニでコピー機ごちょごちょやっている男を見たよ春の散歩道

「ウケる」って一度言われたそのことが思い出になり胸あたためる

神田川かと思ったら梅田川あなたは忘れてオレも忘れた

カーテンにまもられている一室はクリーム色に灯って浮かぶ

浅い川 底がいくらか見えていて寝苦しい夜ゆううつな朝

自動車の車内ライトのうすぐらさ五歳くらいの頃から好きだ

ぴかぴかをことごとくぼろぼろにする時間の黄ばみ、ひどく不潔な

「未来」2017年7月号掲載


※彗星集で一席をいただきました。一年半ぶり二度目。評がつくのが、とてもありがたいです。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49





短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR