ぬらっ。歴史から学ぶ

ぬらっ


短歌への倦怠感があるし興味が他のことにあるため、今月は『未来』以外の短歌の本を読まない月にしようかな、って思っていたが、短歌の本をいただくと迷いがでる。オレが歌人だから短歌の本が届くのだ。読まないと申し訳ない。いつか読んで感想は書きます。

みんなおもしろい短歌ならいいんだけどな。
おもしろくない短歌を見たときに、自分で気づかないうちにMP(精神力)を削られるのかもしれないな。

おもしろければおもしろいで、嫉妬したり自分の無力を痛感するとやはりMPを削られる。
人は人、なんだがなあ。余計なことを考えずにもっと純粋に楽しみたいものだ。








半藤一利『昭和史残日録』読みおわる。
加藤陽子『それでも、日本は「戦争」を選んだ』を読みはじめた。授業の形式で書かれている。ときどき学生の声がはさまっている。

タイトルよりも冷静な本だ。序章ではさまざまな世界の歴史上の出来事を参照しながら、歴史から学ぶということについて説かれている。
悪い歴史を繰り返すまいとして歴史を参照して決断しても、広い視野で歴史を見ないと判断をミスしてさらに悪い歴史をつくってしまうことになる、という話もあった。
戦争は相手国の憲法を書きかえるものだとルソーが言ったという話もあった。



▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR