アダルトサイトに揉まれた話

今日はちょっといつもと違う話します。



2年以上探していたエロ動画と再会した!!
以前xvideosからスマホにダウンロードしたが、スマホが壊れたときに消えてしまって、もういちど取ろうとしたらxvideosから削除されていて、女優の名前もわからず困っていた動画があった。

以前、note(ノート)に
https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2 (有料マガジン)
という記事を書いたが、この内容の動画をついに見つけた。


きっかけはいつも見るツイキャスだった。石川典行さんというネット配信者がいるんだけど、そのときたまたまエロサイトの話になった。
みんなの使ってるエロサイトを教えてよという呼びかけに、コメント欄にいろんなエロサイトの名があがった。「エロタレスト」というのが目立って多かった。
そこで「エロタレスト」と検索してサイトに行ってみた。
(これは「ピンタレスト」という画像SNSをもじった名前だろうか?)


そこで、2年くらい前から探しているエロ動画の特徴を入れたら、探している動画がヒットしたのだ!
さすがだぜ。エロタレスト。

見てみると、抜粋のようだった。
オレが以前見たのは事の一部始終がしっかりわかる20分くらいの動画だったんだが、これはわずか4分ほどの抜粋だった。
抜粋でもうれしいし、女優の名前や作品タイトルがわかったのは大きな収穫なんだが、やっぱりちゃんと見たい。
そこでさらに探した。

オレは今までは三つしかエロサイトを使ってなかった。
ぷにゅむにゅ、xvideos、エロビデオネット、の三つ。
三つで足りていた。まずはその三つで検索した。タイトルの冒頭部分と、女優の名前で。Googleにも入れた。

検索上位にくるような大きいエロサイトの検索窓にそのタイトルの冒頭や女優の名前を入れて検索した。
タイトルと女優の名前がわかってるんだから、勢いがつく。追い詰めたぞという気持ちになって探す。

我々スタッフが一生懸命、一生懸命探しました、それでね、見つかりましたよ、お母さん。

と紳助ふうに言いたいところだが、見つからなかった。おなじ4分の抜粋しかないのだ。
あの日見た20分くらいの動画は、どこにあるのだ。







ところでああいう動画って、右下になにか書いてあるじゃないですか、サイトの名前が。その動画の場合は SCHOOLJAV.com とかっていうんだけどさ、そこに思いきってアクセスしてみた。

海外のサイトだった。まずトップページに動画がならんでいた。そこには目当ての動画はないから次のページに行こうとしたらログインページになった。会員にとってはログインページで、そうじゃない人から見ると料金説明の画面だ。
けっこう高いし、単位がドルだ。
お試し期間があるが、そこで解約せずそのままにしておくと毎月5600円の料金が発生すると書いてある。なんて怖いシステムなんだ! あやしくてそれ以上進めなかった。

そうなんだよな。
ああいうサイトっていうのはいろんなひっかけや騙しに溢れている。あやしさ、いかがわしさに溢れている。動画を探すのはそれとの戦いなのだ。
ああいうサイトは構造がわかりにくい。初めての場所ならなおさら。ちょっと押す場所がずれると別の場所に飛ぶ。警告がでてスマホがウイルスに感染したとかいってアプリを取らせようとしてくる。それらをくぐり抜けてやっとたどりついたら動画が消えている。
まるで忍者屋敷のなかを行くようなものだ。行ったことないけど。

支払いだって、支払ったらほんとに見れるかどうかもわからない。知らない海外のサイトに個人情報なんておっかなくて送れないし。お試し期間中の解約だって、うまくできるかわからない。そんなところに金をかけたことがないからこっちは慎重になる。






無料で見れないなら、かくなる上は、ちょっとくらい金をかけてもいい。できれば知ってるところがいい。

作品タイトルでGoogle検索するとdmmドットコムが上のほうにくる。dmmならテレビCMもやってるし、まあいい。
590円でダウンロードできるとある。しょうがない。買った。
買う前に会員登録した。空メールおくって、返信のメールに貼ってあるリンクをクリックして認証して、お会計して。けっこうな手間だ。

で、見ようとしたんですよ。そしたら、専用のアプリを取らないと見れないっていうんですよ。そう言うんなら取るじゃないですか。ダメだったんです。
なんかダウンロードはできるんですよ。それからひらこうとすると、開かない。エラーがでる。パースエラーとか出てくる。
注意書きを読むと、ファイラーアプリを入れろとか、明るさを変えるアプリやなんかのアプリを使ってるとダメだとか、バージョンを最新にしてないとダメだとかいろいろ書いてある。
ファイラーアプリとやらをインストールして動かしたり、パースエラーで検索したり、そもそもdmmプレーヤーってなんだよとか、ごちゃごちゃ調べた。590円払っちゃったんだからこっちは真面目になる。

そしたら原因が分かった。オレのスマホのバージョンが古くて、dmmのプレーヤーに対応してなかったのだ。アンドロイドの4.0.4っていうのを使ってるんだけど、4.1以上しか対応してないプレーヤーなんだよ。で、そのプレーヤーを使わずに視聴することはできない。
詰んだ。投了。負けました。
こればっかりはどうにもならない。古いままで視聴する方法も調べたが、そんなのはない。



590円がなんだ!!!!!!!!!
こっちは給料後だから強気だ。オレはあきらめない。いや、あきらめかけたけど。

そのあと、いろんなエロサイトで購入をこころみた。
あれこれよく探した結果、dmmと同じ590円で買えるサイトを見つけた。ソクミルってところ。今度はちゃんとプレーヤーを動かせるか確認してから会計した。同じ失敗はしない。これが成長というものだ。

このサイトにもまた空メールおくって返信メールに貼ってあるリンクをクリックして認証して、プレーヤーアプリをダウンロードして。

そしたら今度こそほんとに見れた。
オレがずっと探していたのは、230分ある作品のうちの20分であることがわかった。ここまでくるのが長かった。

ほとんど「くろうみそ」の世界だよ。ドラえもんに「くろうみそ」って道具があって、それを舐めると何をするにも苦労するようになる。食事するにも苦労するし、タバコ一本吸うのにも苦労するんだよ。

20分の動画のためにどれだけのサイトをめぐり、どれだけのアプリを入れたりメールしてるんだよって話だ。
あんまりめんどくさかったから、この経験をブログ記事にした。






身にしみて思う。

今はどんどん新しいエロが入ってきて飽きないでいられるんだけど、過去の一つのものを探そうとすると情報の海の奥まで潜って、からみついてくるものを振りほどきながら探さなくちゃいけないから大変だ。そのときにつかまえないと。
幸運の女神には前髪しかないってやつだね。それってどんな髪型だろう。



この一連に7時間くらいかかった。めずらしく真剣に一つの問題に取り組んだ。
オレのなかに意外と根気強さがあることがわかった。ここに眠っていたのか、オレの執念よ。



この話は以上です。




▼▼



有料マガジン更新しました。
なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c
なりすましアカウントがあらわれたのでそのことを書きました。

「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T
マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM
これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いています。有料なので、それなりのことを書いています。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR