ぬらっ。TLに即詠が

ぬらっ



昨日言ったことの逆のことをやる。


ツイッター短歌史
【2017.6】
「歌会怖い」問題が起きた。
いつごろからある問題かははっきりしない。「歌会 怖い」でツイート検索すると、6/11あたりからツイートが増えてきてそのまま現在に至っている。



主なものだけ。

6/18
堂那灼風
「歌会とそこにおける選歌について」
https://note.mu/shakufu/n/n8c6f68bffa12

6/20
うにがわえりも
「寿司とハンバーガー (歌会とその評のあり方について)」
https://blogs.yahoo.co.jp/eriuni_tanka/64858686.html
6/21に「追加ペーパー」あり


それ以外だと、さっき書いたように「歌会 怖い」でのツイート検索結果が参照できるものとなる。
10人以上がリツイートしてるツイートがあれば紹介するつもりだったが、該当なし。


歌会を怖いとしている意見のなかでは、
イシカワユウカさんが #歌会怖いのハッシュタグをつけて投稿したいくつかのツイートが重要だと思われたが、本人が消すと言っているからここに貼りつけはしない。





まとめは以上。
ここからはオレの感想だけど、この問題は途中で実に馬鹿馬鹿しい展開になった。
うにがわえりもさんが書いたものに対して泳二さんがしつこくリプライを飛ばしていったあたりで、オレは辟易してこの問題を追いかけるのを一度やめてしまった。二人をリストからはずして、もう見ないことにした。地獄だなと感じたから。どちらが悪いとかじゃない。

この二人は、ツイッターで小さいいざこざが起きた時のいわば常連みたいな歌人だ。またこのへんの人達か、って感じだ。

「福島は買うな食うな」「リアル歌会はぬるま湯」の中牧さんとか、あと他数名もそうだけど、彼らは大胆であぶなっかしい書き込みやその態度で反感を買う、煽り巧者の人達だ。故意かどうかは知らないが。彼らは論や歌やツイートに冴えがあり、一定の支持を得ている(オレも楽しませてもらっていました)。揉めることがあっても決定的なトラブルにまでは至らずに、変わらずツイッターを続けている。
このあたりの人達の発言に反応するのを、そろそろやめてよい頃ではないかとオレは思いはじめていた。

今回はイシカワユウカさんのツイートを見たのがきっかけでこの問題の別の面が見えて、取り上げることにした。耳を傾けるべき声だと思えた。消されるのは残念だが、それはしょうがない。






【2017.6.23】

文月郁葉さんが、ハッシュタグ「殺伐としたTLに即詠が」をつくり、たちまち多くの歌人がこれを使ってツイートした。



怖いとはたとへば茅花がよるべなく光る白さを見てしまふこと(文月郁葉)
#殺伐としたTLに即詠が

タグを作りました。よかったらご活用ください。

https://twitter.com/ikuhahuduki/status/878213200394690560




殺伐としたツイッターに嫌気がさしている歌人が多くいるということだとオレは見ているんだが、どうかな。というのが感想。



▼▼



有料マガジン更新しました。
なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c
なりすましアカウントがあらわれたのでそのことを書きました。

「マストドン歌人」がいるとすれば、それはオレだ|mk7911|note(ノート) https://t.co/bGdq5DVb2T
マストドンが話題になったのは四月くらいで、今は落ち着いていますが、今になったから書けることがあります。


2017年5月に発表した/掲載された短歌をすべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/IMj53ONdsM
これは歌をまとめただけの記事じゃなくて、自分の歌や掲載された媒体についてもいろいろ書いています。有料なので、それなりのことを書いています。



短歌パトロール日誌【4】2017.5/21-6/13|mk7911|note(ノート)https://t.co/lhsSQSM3jL

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR