ぬらっ。浅才の人

ぬらっ



たぶん再放送の「相棒」を見てたら、才能がすごくて顔もよい若い詩人が自殺したという話だった。詩集は売れないものだけれども、彼によって詩が広まるかもしれないということで「詩壇の救世主」とも言われていた。警察は自殺というが、他殺なんじゃないかという人があらわれる。

そこしか見れなかったけど、天才イケメン若手詩人を殺すのはどんなやつなんだろうなあ。オレみたいな人じゃなければいいなと。







徒然草の116段を読んでたら、
「何事も珍しき事を求め異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ」
と書いてあった。

それを橋本治さんは
「何事も、変わったことを求め、異説を好むのはな、イッパシ頭の人間が必ず陥ることなんだとよ」
と訳している。「イッパシ頭」って逆にわからない。原文の「浅才の人」のほうがわかる。訳と原文、両方あると助かる。





未来6月号に9首掲載されている。
そのほかは特に無し。


▼▼




短歌パトロール日誌【3】|mk7911|note(ノート)https://t.co/1XaAOUsqu8
有料マガジンを更新しました。





2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR