ぬらっ。Amazon、方丈記

ぬらっ



安福望さんと柳本々々さんの『きょうごめん行けないんだ』という本にオレの短歌のことが書いてあるときいて、買いにいったんだが市の中心部などを7店舗探しても無かった。
紀伊国屋なんか『食器と食パンとペン』が七冊あり二種類のPOPまであるのに、無かった。

『きょうごめん行けないんだ』だけではなく、投稿してた雑誌「現代短歌」も斉藤斎藤さんの歌集もオレの行ける範囲のどこの本屋にもない。
本屋で見つからない本のなんと多いことよ。短歌やるようになってそれを特に感じる。本屋はいくつもあるが置いてる本は似たようなもんだ。

七店舗めぐるのに何時間もかかった。何時間もかけて収穫無しとなると、さすがに、オレはなにやってんだと言いたくもなる。

そろそろ年貢の納めどきというか、オレも通販をちゃんと考えなきゃいけない時がきた。
指を動かすだけで本が買えるんだから、ほんとはこれは便利なのだろう。

Amazonでいろいろ設定した。過去にKindleで0円のものを買ったことがあるからアカウントはある。
カートに入れるところまではできるが、そこから先に行くことができないなあ。



だんだん自分の短歌が載ってる本が把握しきれなくなってきた。全部をおさえることはもうだいぶ前にあきらめてしまった。二重投稿しそうになるから投稿先を減らした。
一言でも自分の歌にコメントされていたらその本は買う、ということに変えたがそれも時々守れていない。







どういう流れかわからないが、大平千賀さんが次のようなツイートをしていた。


私は高卒です。(結婚するまでは、というか夫以外家族にも親戚にも大卒の人間はいません)短歌を始めて、一生懸命になって、最初の頃は学歴コンプレックスでとても苦しかったです。もしも万が一そんな感じで苦しみながら短歌やってる若い人がいたら、たぶん大丈夫だよって伝えたい。頑張ってください。
https://twitter.com/Ohira_ka/status/867694990645788672

22RT80いいね。



オレもそんな感じ。でもこうしてメッセージを送れるだけのところまでいってない。
若くなくなっても学歴コンプレックスに苦しんでる皆さん、もうダメかもしれないけど、まあやっていきましょう。

研究論文のことでツイッターが盛り上がっていたがオレにはよくわからない。ピクシブのことも知らないしな。スルーで。



なにか勉強しようとすればいつからでもやれるからな。

というわけで今日は『超口語訳 方丈記』を読んだ。
解説がいちいち前に出すぎるとか、歌を引くときに元の歌を引かずに訳されたものだけ出してくるとか不満はあるけど、この価格でこの親切さならかなりいいんじゃないでしょうか。

枕草子、方丈記ときたので、次は徒然草にいく。いまは古典のやさしい親切な本がいろいろあるので、そのあたりを読んでいきたい。
今になって池澤夏樹さんの文学全集の『枕草子 方丈記 徒然草』を本屋でみかけて気になってきた。






▼▼




短歌パトロール日誌【3】|mk7911|note(ノート)https://t.co/1XaAOUsqu8
有料マガジンを更新しました。





2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR