ぬらっ。寿司は二個ずつ

ぬらっ



橋本治の『青空人生相談所』を読んでいる。きびしいねえ。きびしい。きびしいねえ。
いろんな悩みをもった人がでてくると楽しい。いろんな人生があるんだなと思う。

「寿司はなぜ二個ずつなのですか」って相談してきた人がよかった。こういう人も必要なんだよ。


オレは自分の問題を整理してみたくもない。蓋をあけたくない。相談できるだけでもたいしたものだよ。







ツイッター短歌史
【2017.5.10】

初谷むいさんがブレイクした。

堂園昌彦さんが歌を連続でツイートした。

ジュンク堂泣くほど本がある中に仕舞われている栞泣くほど/初谷むい

「おはよ、ジュンク堂でキス、キスだよ。」『ぬばたま 創刊号』

よいです。

https://twitter.com/dozonomasahiko/status/862264850117869568




また、二三川練さんが記事を書いた。

初谷むい「春の愛してるスペシャル」の話 https://t.co/ggl6JHg3V6 肉を切らせて寿司を食う
https://twitter.com/sucrehecacha17/status/862276382394523649








▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR