ぬらっ。キャット・ナップ

ぬらっ



ライザップのプロテインボトルっていうの飲んだ。そこそこのおいしさ。体にいいんなら、まあこれでいいかなというくらい。







ブックオフの本20パーセントOFFにつられて本を買いこんだ。「まあいつでも手に入りそうだから今度でいいや」って思ってた本をまとめて買った。

歌集三冊、小説二冊、新書一冊、古典入門一冊。
1000円。







保坂和志『猫に時間の流れる』読み終わった。前半の表題作については昨日書いた。後半「キャット・ナップ」は読み終えたときには猫をつかまえてなんやかんやで保護する話なんだけど、読み返してみるとガイラさんのキャラが強い。こういう人には会ったことがある。


会社にいるけど仕事はしてもしなくてもよくて、報酬のなさそうな肉体労働をやっている。
女性と仲良くなるけど色恋の気配がない。
勝手に家に上がり込まれたりされたりするけど、トラブルにはならない。

あっさりしてるけどほんのりあたたかくて、保坂さんの世界だなと思う。




▼▼



2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う|mk7911|note(ノート)https://t.co/iWmOlpRjpS


帰ってきた汚染歌人|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌パトロール日誌【2】4/20-4/23|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7e733d2bc5cb

短歌パトロール日誌|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nba8232f28b92

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361



工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR