ぬらっ。方向音痴

ぬらっ


ツイッター短歌史
【2017.4.22】
歌人は方向音痴か、という話題になっていた。さかのぼると、一番古いツイートは本多響乃さんのこれのようだ。


(方向音痴の歌人は、方向音痴を矯正してしまうと、歌がへたになるんじゃないか、というのがわたしの仮説)(ある営業職の歌人から、短歌を始めてから、方向音痴になった、という話)(壮大なるプロジェクトにおののきながらエアリプ)(日比谷方面のみなさまおつかれさまでした!)
https://twitter.com/mymhnd/status/855776070515085312


これへの影響としては、それは偏見であるとの反論もあるし、自分は方向音痴だというツイートもある。

オレ? オレは方向音痴。



方向音痴といえば枡野さんだろう。なんで枡野さんがまったく話題にならないのか。

枡野さんはこうツイートしている。
方向おんちであると自己申告してる人はたいてい、私よりは方向おんちではない。西武新宿からJR新宿まで迷って歩き続け一時間かかったことがある。東京うまれなのに。運動おんちであると自己申告……以下略、拙著『僕は運動おんち』(集英社文庫)参照。 http://amzn.to/hxgiwj



枡野浩一短歌塾は入塾時に方向音痴かどうかをきかれる。免許を持っているかどうかも。

方向おんちのツイートをbotに入れた記憶がないから探してみたがやっぱり入ってなくて、入れた。

「おんち」がひらがななのが特徴。
「音」が音楽を思わせるし、「痴」があまり良い字じゃないからかなあ、と想像している。


追いかけたくないこと、読みたくないものが多くて、ツイッター短歌史はかたよりまくっている。





一昨日の日経歌壇、昨日の河北歌壇につづいて、今朝の読売歌壇にも短歌が掲載された。
新聞歌壇がオレを呼んでいる。

読売は今年初めて。じつは一番「ありがたい」のは読売への掲載かも。
一番「うれしい」のは日経かな。







「てんとろり」やっと読み終わった。立ち止まる歌が多くてなかなか進めなかった。






「カラータイル(ひまつぶし-中毒的なパズルゲーム)」 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.vonstudio.colortiles

これやった。
カラータイルには数種類のアプリがあるけど、それぞれ特徴がある。これはコンボで高得点を狙えるのがおもしろい。







出来のよくない有料マガジンの記事を、なおしてなおしてアップした。





▼▼



短歌パトロール日誌【2】4/20-4/23|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7e733d2bc5cb

短歌パトロール日誌|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nba8232f28b92

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361

短歌に関するbotをつくった|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7f59d9cbbfeb

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n02d1ecfcd4aa


工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR