ぬらっ。「歌壇」秀逸/「現代短歌」を待つ

ぬらっ。



頭痛や疲れで体調がよくない。喉や鼻水から、風邪を疑っている。



「歌壇」2017年5月号の読者歌壇では2首が「秀逸」で掲載された。
この欄は、
特選だとほめられ、
秀逸だと改作され、
佳作だとただ載る。

つまり改作された。
一首は「このままでもいいのだが」ということで文語にされた。
もう一首は「作者の意図とは違う形にした」ということで違う歌になった。
ちょっと困るが、ここへ出すとはそういうことなんだよね。






「現代短歌」の五月号を探したが、四店まわったのに見つからなかった。一番大きい店にもないから、どうしたのかと思った。交通費かけたのに買えずに帰って、嫌な気分になった。

現代短歌社のホームページ
http://gendaitankasha.com/
に「書店様へのお知らせ」ということでなにか載っていた。
読んでもよくわからなかった。
会社じゃなくなり法人になると。雑誌は引き続き出すと。
客としては、本が本屋に出るのか、いつ出るのかだけが知りたい。読者へのアナウンスはないのか。こういうときにツイッターも使ってないし。置き去りにされている。

「弱冠の時間を要します」とのことなのでとりあえず待つ。
定期購読しないと読めないということになるならこの雑誌はあきらめる。立ち読みして中身を見てから購入を決めることにしている。



▼▼




短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361

短歌に関するbotをつくった|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7f59d9cbbfeb

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n02d1ecfcd4aa


工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR