「未来」2017年3月号を読む  ~海というからだ、ほか


「未来」2017年3月号。



サランラップ引き裂く音の小気味よしうっ憤晴らしに少し足らねど/前川明人



微妙に味がちがう気のして呑み込みぬ若き涙にあらぬ涙は/佐伯裕子



りんかくが動き続ける海というからだに足をさしいれており/錦見映理子

→常に波が寄せて返している海は、りんかくが動き続けていると言える。海を「からだ」としてとらえている。動き続けているから、海とは生きたからだだ。足をさしいれると、人の体と海のからだが触れあう。海との接触が生き生きとした特別なものになる。



親であること泥のよう足首を んで熱いシャワーで洗う/山崎聡子
→これも水と足の触れ合う歌だが、まったくちがう関わり方だ。親であることを汚れとして払い落とそうとしている。動作が生きている。


嘘泣きのあげく痺れた喉のまま眠る冷たい子供ベッドで/山崎聡子
→さっきは「足首を んで」がよかったが、こちらは「痺れた喉」がいい。動作や体感。



重いこと そしてたいてい青いこと セロハンテープの台であること/蒼井杏「アウェイ再考」
→オレがふだん使うセロハンテープの台も重くて青い。重いのは必要なことだ。軽いとテープを引いた時に台ごと動いてしまうから。
情報の出し方や口調のせいなのか、変に深みを感じる。終わってみればただのモノだが、そこにいたるまでに変わった道をたどる。「こと」は、その一枚向こうがわにあるなにかを感じさせる。



禁煙に挫折した真夜ながれくるFMからのバイオリンソロ/吉田考宏
→クラシック音楽だろうか。バイオリンの旋律がひとすじの煙のイメージと重なる。


まひるまの紅葉の道を踏んできてかすかに濡れている靴の底/森本直樹


これからはビールを水で割って飲むことにしようか負け組だから/酒井景二朗

→自分で自分を負け組とはなかなか言えないものだ。そしてそれにふさわしい行動をとる。きちんといじけている。良い自虐だと思う。



こうだっけマフラーの巻き方ってそのまま燃えてしまってマフラー/鼠宮ぽむ
→マフラーの巻き方をああでもないこうでもないとやるのはよくあることだ。そこへ唐突に「そのまま燃えてしまって」とくる。この急展開がいい。ほかの歌にも突然の飛躍が見られる。


明日はテストといふ子の腹が痛くなる平凡にして深刻なこと/三田村広隆



評のページから二つ引いて終わります。

かほをよせははの名よべばいのちあるははの髪よりははのにほひす/守中章子

大空を動かす赤き飛行船 うしろの雲は追ひつけないな/三田村正彦




以上です。


『未来』に載ったオレの短歌のまとめはこちら。
http://matome.naver.jp/m/odai/2145087691179204501



▼▼




短歌に関するbotをつくった|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7f59d9cbbfeb

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n02d1ecfcd4aa

「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

工藤の有料マガジン【500円】やってます。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR