水沼朔太郎さんの短歌に工藤吉生の名前が出てきましたよ

水沼朔太郎さんの短歌のなかにオレの名前が出てきました。ご紹介します。


まだ口のなか|mizu0826saku|note(ノート)
https://note.mu/mizu0826saku/n/nf2c9a17fe24b

「まだ口のなか」

口内炎がまだ口のなかにあるけど散髪に今日行っときたい

〈90分〉時間にすればそんなもん大学の授業ひとコマ分

それはそれは美容院の時間でした

お花見に一度も行ったことがない 僕が好きなのは桜りお

〈60分〉10万円の料金で桜りおは指名できるとか

散髪の〈60分〉の3分の2は順番を待ってる時間

リンスを数年やってないからだミスト状の(近藤芳美)ふりかけられて

散髪屋でときどきなるな目をつぶると目のまわ筋がぷるぷるとなる

散髪の帰りに限ってよく会うな僕たちのイケイケの大家さん

工藤吉生と引いてる歌が一緒だと



全文引いたのは、この人がすぐアカウントや記事を消すからです。
noteを昨日と今日の二回拝見いたしましたが、昨日あって今日は無い記事もありました。ツイッターのIDだって、少し前とは変わっています。



文字数でたまたま途切れてるのかと思ったら、こういう作品みたいです。

工藤吉生と引いてる歌が一緒だと、

一緒だとなんなんでしょうね。
うっすら不快ですが、オレくらいになるとこういうが出てきちゃうのはしょうがないんです。

近藤芳美さんと思わぬかたちでご一緒しました。散髪の一連で近藤芳美が出てきたということは、髪型をイジってる感じなんでしょうか?


ほかの歌も見ましたが
父親の血液型がわからない B型だろうな瀬戸夏子は
とか、けっこうほかの歌人のことを言ってるんですね。そのなかに入れていただいたというわけです。



ほかの歌では大体つけてる下の句が、オレの出てくる歌では無しにされています。三首目も短いですね。それこそ瀬戸夏子さんの影響でしょうか?


ふつうは、言いかけてやめたら「最後まで言えよ」と突っ込まれるでしょう。
短歌ならそれが回避できます。「これは短歌だから、これはこういう作品なのだから、続きはありません」と言えます。そういう創作態度なのだと見ました。
言葉は悪いですが、それって逃げじゃないんでしょうか。逃げの短歌。
水沼さんが記事をすぐ消すことからも、ついそういう方向に考えてしまいますね。「消した」という行為があったこと自体は消せないのですよ。

工藤吉生と引いてる歌が一緒であることに何かを感じたからこの歌があるんでしょう。言い切ってほしかったですね。



水沼さんには、短歌botにオレの歌を入れていただいたりとお世話になっております。
たのしく短歌をつづけていただければと思います。






▼▼




2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n02d1ecfcd4aa

「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR