工藤吉生(くどうよしお)の短歌まとめ・第二十三期【2017年1-3月】20首

「未来」二年目。四年半つづけた短歌研究「うたう★クラブ」への投稿をやめた。「公募ガイド」初掲載。「仙台っこ歌壇 俵万智賞」準賞受賞。


〈1〉
十一月下旬の大気に含まれる何かを吸ったオレのさびしさ


〈2〉
おみこしになって元気な人達にかつがれたいな年に二回は


〈3〉
妄想は百万本の紅い薔薇をバルコニーから見下ろしている


〈4〉
つらすぎて笑っちゃうよというふうに朝の車道を枯葉ふらつく


〈5〉
ボロいなと思い見ていた住宅の中からワッと笑いごえ立つ


〈6〉
まがまがしい力渦巻くパトカーの赤が無音で夜を照らせば


〈7〉
四千円払えと言われさしだすと野口英世は同一の顔


〈8〉
アンケートの「わからない」にだけ丸つけてオレも日本国民である


〈9〉
遠くではマジックショーが始まった騙そうとする声のあかるさ


〈10〉
紙きれを千円にするマジックがとりわけ客の興味をひいた


〈11〉
わからないままでどんどん行きなさい雨が何滴あるのかな、とか


〈12〉
りんごの上にリンゴを置いてその上に林檎を乗せたぐらい不安だ


〈13〉
すこしなら呪われたっていいでーす 駅で運ばれてる段ボール


〈14〉
「いちご」って答えて急にはずかしくなった中学一年のころ


〈15〉
エスカレーターの手すりをむっと見ていると汚れがあって気にすればなる


〈16〉
十二月枯れ葉枯れ木にひとすじの道がくねって心が怖い


〈17〉
百十円ならば買わないおにぎりの百円セールに二点を選ぶ


〈18〉
このオレが死んでしまった後に吹く春の風、ああ、あったかそうだ


〈19〉
あぶないよ!!などと書かれて一周をフェンスの囲む池のさびしさ


〈20〉
自販機に話しかけられ驚いたこれには慣れるべきなのですか





〈1〉〈8〉〈17-18〉雑誌「現代短歌」読者歌壇
〈2〉ネットプリント毎月歌壇
〈3〉雑誌「短歌研究」うたう★クラブ
〈4-6〉〈14-15〉歌誌「未来」
〈7〉雑誌「公募ガイド」東直子の短歌の時間
〈9〉新聞「河北新報」河北歌壇
〈10〉〈19〉第8回角川全国短歌大賞
〈11〉「日本経済新聞」歌壇
〈12〉雑誌「角川 短歌」題詠
〈13〉ツイッター
〈16〉同人誌「We」
〈20〉NHK短歌テキスト



▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR