ぬらっ。細木数子さんからのメール


ぬらっ



好きな人とスカイダイビングする夢だった。
すごい高いところから飛行機を飛び降りる。落下しながら風を感じている。二人で手をつないで、同じ速度で落下する。でも実はこれは心中で、そのまま死ぬのだ。地面がちかづいてくる。ドサ、と落ちたとたんに視界がすんごい虹色になって素晴らしかった。

夢のなかでは充実している。







細木数子さんからメールきた https://twitter.com/mk7911/status/844536387206447104/photo/1



地球に似た惑星がこのタイミングで7つも同時に見つかるなんておかしいと思わないかしら。
ここには深い理由があるのよ!

古代エジプトの壁画にはまだヘリコプターがない時代なのにヘリコプターやUFOの壁画が描かれてるわ!
なぜだと思うかしら。



なぜだと思うかしら。



手相を見ればわかるけどあなたは本来宇宙エネルギーの中でも一番強い黄金のオーラを持ってるのよ。
それなのに本来の力の10分の1くらいしか使えてないわ。
それを邪魔してるのが邪気よ!

その邪気を取り除くから手相を見せて頂戴。
手相を見て気功を開くわよ!



むずかしくて頭がいたくなる。
手相を見ればわかることを手相を見る前から知ってるけど手相を見せろという。黄金のオーラと宇宙エネルギーと気功がごっちゃごちゃだ。

生年月日と手相の画像を求めてくる内容で、ちょっと新しかった。







NHK俳句とNHK短歌に掲載されました(2017年4月号) - orangeProse別館
http://hidex7777.hatenablog.com/entry/2017/03/22/215929

ブログで話題にしていただきました。

「ぼくがこうやって俳句とか短歌とかが何かに掲載されるたびにいちいちブログで報告するというダサかっこ悪いことをしている理由は、工藤さんがやっていたからだ。

ダサかっこいいことはかっこ悪いが、ダサかっこ悪いことはかっこいい、という感じがする。なんとなくだけど。」

だそうです。

悪く言われてるようでそうでもないという、そういうところですね。

掲載があれば報告するのは、かっこよくもわるくもなくて普通だと思ってます。
オレが小さい頃は「かっこつけマン」という悪口があったなあ。


それでもオレは自分ではひかえめだと思ってるんだよ。この方みたいに発売されたばかりの雑誌の誌面を画像でアップしないし。
雑誌に掲載されたものは雑誌で読めばいいので、本屋で読めるうちはなるべくネットに作品を出さない。雑誌に出てるよとは言うけども。雑誌のためにも。

現代短歌の特選の作品だって自分ではまだどこにも書いていない。奥村晃作さんがツイートしてらしたけども。
NHK短歌テキストの佳作の歌もどこにも出してない。この方がブログでアップしたから見れるようになったけども。
オレはオレなりに考えてネットに出したり出さなかったりしてます。



ほめられてそれをリツイートすることもしないし。引用されてそれをリツイートすることもしない。オレにはオレの羞恥心がある。

それなのにじゃあ知らないブログで名前を出されるとわりと反応するっていうのは、なんだろうね。ツイッターとブログの感覚のちがいなのか、これが今オレの言いたいことと重なっていたのか。




新聞と結社誌は例外で、載ったのをすぐオレはネットに出しちゃうんで、それを見たのかもしれないね。
新聞は翌日になれば手に入りづらくなるし結社誌は会員以外には届きにくい。「全国の書店やコンビニでいま読めないもの」がオレがネットに出す基準ってわけだな。

いずれにしても、オレが(一周まわって)かっこいいから真似したということなので、ありがとうございました。なにかの参考になったのならよかったです。感謝




▼▼▼



抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR