ぬらっ。現代短歌「読者歌壇」特選

ぬらっ




14日発売の「現代短歌」4月号の読者歌壇で二人の選者の方からそれぞれ別の歌に特選をいただいた。ありがとうございます。

ダブル特選はよかった。でも、うれしいとかおめでたいよりも「かろうじて面目を保った」くらいの感覚だ。これくらいはやらないと。オレより若い人、後に始めたような人が作品を依頼されるなどして活躍してるわけだから。
原稿料もらって丸一ページ・7首載せてる若い人に比べたら、2首が特選でもしょぼすぎるくらいのものだ。越えられない壁がある。だから、自分は自分のペースでやればいいんだと、うちはうち・よそはよそなんだと、一応はそういうことにしていつもうやむやにしている。
いつも特選でおもしろいから気になって作品を依頼したくなった、と言わせるくらいまでいかないとオレのなかでは成功ではない。あるいはそんな成功は来ないかもしれない。

賞品の短歌手帳もダブルでくるんだろうか。





昨日も文庫本50ページくらいを読んだ。このペースではまずい。
いただいたり買ったりした本が増えてきた。なんとか読まないと。よその結社誌を読んでいる場合ではなくなった。








We 第3号を読む。 : うたぐらし
http://blog.livedoor.jp/utagurashi/archives/50853892.html
歌を評していただきました。ありがとうございます。




▼宣伝




成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR