うたのかべ、1998年の穂村さん、その他の話題【2017.2/28~3/11】

2/28から今日までにネットのどこかに書いたもののなかで、まだここにまとまっていなくて、ここに載せていい内容のものをこちらにまとめる。話題六つ。





▼うたのかべ



http://www.tankachop.com/kabe/kekka.html
「大阪短歌チョップ2」の「うたのかべ」の結果がでた。短歌を募集して投票する企画。


「うたのかべ」でオレが星をつけたのは森下裕隆さんの歌でした。

集会に辿り着けない『変身』の下巻がどこにも売っていなくて/森下裕隆

たどりつけないっていうのもカフカらしい世界だ。「城」はそういう話だ。「変身」は短いから下巻なんてないんだが、あるいは長編だったらどうなるのかと興味をもった。



オレはだめだった。他の人が言われてた「テクで作ってる」っていう評がオレにもあてはまる。
テク以外のところで人をひきつけられればいいんだがなあ。
あと、ゴミ収集車の歌がけっこうあったので、題材で失敗した。

快晴の冠婚葬祭会館をゴミ収集車はむぐむぐと去る/工藤吉生



▼1998年の穂村弘インタビュー


「恒信風 穂村弘氏インタビュー 1998年」
http://www.koshinfu.com/homu.html
すげーおもしろかった。



いいこと聞いて、よし! と思ってもまたすぐ忘れて同じことでうじうじしてしまうな。もっとうまくちゃんとくっつかないものか。

穂村「今は存在しないものに対する憧れを持とうとすると、気が狂いそうになるんだ、必ず。で、今は存在しないものに対する憧れはあるけど、気は狂いそうじゃないっていうやつを信用しないんだよね。」
というのを読んで、オレのブログ「存在しない何かへの憧れ」のことかと思ってびびった。
そう言われてみると、オレはちゃんと憧れをもってないかもしれないなあ。「魂の偽物性」って言葉もでてきたけども、耳が痛い。目で読んでいるけど。

「菓子パンオナニー小僧」って言葉もでてきたな。
誰かがツイッターで「チンカス感想家」って言ったときに、オレだな! と思ったね。

実際にオレが書かれたことがあるのは「東北の粗大ゴミ」だけども、オレが大きく見えて仕方ないという気持ちが見えてしまっている。
竹原慎二が「広島の粗大ゴミ」と呼ばれたわけだから、オレがそれよりでかかったら駄目だろう。


自分のことをなんといっても、そこにあぐらをかかないようにしないと。憧れないと。本物の魂であろうとしないと。


荒々しくて鮮烈になりたいって穂村さんが言ってた。
オレは自分がどうなりたいとかってろくに考えてこなかったな。その場その場で苦しくない人になりたい、でもなるべく今のままでずっとなんとかならないかなって感じ。うーむ。


ブルーハーツかあ。高校の文化祭かなにかで「トレイントレイン」歌ったことがあった。ほんものを動画でいま見た。
いくつか動画を見たけど、それぞれにちがう動きをしまくっている。
千回やってきたことであっても、今のこの一回をそのなかで最高のものにしようとする、し続けること。




▼ブログのプロフィール


ライブドアブログのスマホ版の下のほうにプロフィールをつけてる人が多いから「存在しない何かへの憧れ」につけてみた。初めてきたときに、どんな人が書いてるかがわかるといいかなーと。
http://blog.livedoor.jp/mk7911/
でも、プロフィールってなにを書いていいかわからない。いくつかあらかじめ用意してあるけど、どれもしっくりこない。

「短歌をつくったり読んだり紹介したりしています。未来短歌会・彗星集所属。新聞歌壇や雑誌にも投稿しています。平成28年度「NHK短歌」年間大賞。宮城県在住。」
と書いてみた。

なんかもっとオレって特色ある人間のような気がしたけど、プロフィールに書こうとすると文字にならない。気のせいなのかもしれない。
短歌をつくってるとか未来短歌会にいるとか、普通っぽいことしか書くことない。賞とか成績に関してはゴテゴテ書くといやらしいから一つにした。

「ぬらっとしています」とでも書こうか。

ほんとは「短歌をつくってる」って普通じゃないんだけどね。普通に見えてしまうようなところにおさまっている。

「ぬらっとしています」ってプロフィールに入れた。「なんなんだよ」と思ってもらえればいい。こういうのがあると記憶にひっかかるだろう。
真面目に書いて「はいはいご立派ご立派」だとつまらんからな。



▼選ばれなかった



短歌の投稿先、参加しているところを数えたらざっと20くらいあるんだが、
掲載率八割以上は五ヶ所にすぎない。二割以下の場所が六。のこりは三割以上七割以下の確率で載る。多くが『選ばれなかった』でできている。

あらためて、結社が核になっていることを確認した。ほとんど唯一の安定した毎月の発表の場だ。




▼連投しなかった話



ツイッター上で不満をぶちまけなかった話|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nb9e091436ccf
工藤の有料マガジン【500円】を更新しました。

ツイッターで連投しようとしたことを、やっぱりやめて、有料のnoteにだけ書いた。前に「納得いかない」っていうタイトルでこのブログに書いたものは消して、加筆して有料noteにまとめた。
有料にするだけで、プチ炎上みたいなことを防げる。みんな課金してくれるならそれもいいけども。


しばらくイライラしていた件を、事を荒立てずに処理できたので満足した。

今までのいろんなトラブルも、時間をかけて相手に歩み寄ればだいぶ防げたにちがいない。それをくりかえして信頼を得るわけだ。



▼トトロの劇



ポッドキャスト「僕たちだけがおもしろい」略して「僕おも」の

僕おも 2017/02/27 「Googleは神だがYoutubeも神ではないか」 http://bokuomo.seesaa.net/article/447478499.html


で言ってたとなりのトトロの劇を見た。なんか最後まで見てしまった。

"劇「となりのトトロ」" https://youtu.be/iH3c_Rb6rdw
トトロの人がおもしろくてサツキとメイの人がかわいい。




▼宣伝




成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR