「塔」2016年12月号を読む  ~顔顔顔顔花火、ほか

「塔」2016年12月号を読む。
会員でもない結社誌をどれくらい読み続けられるのか、すぐ面倒になってやめるかもと思っていたが、ついに一年続いた。



母さんに買ってもらった綿菓子もそういえばもう雲にかわった/川又郁人

真夜中に勉強してみる真夜中に分からないから一度寝てみる/川又郁人

→吉川さんが百葉集で「将来が楽しみな新人」というから見てみたらおもしろかった。
綿菓子の歌は「そういえば」の使い方がいい。勉強の歌は「真夜中に」のリフレインがいい。



真剣に猫はなにかを考へてやがてそのまま部屋を出てゆく/清水良郎



もうずっと前に死んだと告げられて時の厚みが倒れかかって、きた/千種創一



見上ぐれば何かいいことありそうなそんな顔顔顔顔花火/坂下俊郎

→花火を見てる時の人の顔って、いいものだ。「何かいいことありそうな」顔とここでは表現されている。「顔」の字が重ねられて、たくさんの花火を待つ顔がある。



心だけ旅に出ている母の背にメダカの餌はやったかと訊く/北山順子



青年と風とボードがあらわれてゼリーのような波に乗りたり/小川ちとせ

→青年があらわれるのは普通だが、風とボードと三つそろってあらわれたみたいに書いてあって、物語の始まりにいるみたいだ。波がゼリーにたとえられて、さらに現実を離れてゆく。

サンダルを提げて裸足で帰りたり海だねほったらかしの海だね/小川ちとせ
→海から帰ろうとしているときのさびしさが表現されているのだろう。遊ぶ人のいない海は、ほったらかしにされている海だ。「海だね」が繰り返されている。来たときも帰るときも、海は海として見えている。



猫の死が流れていった川の面をペットボトルが追いかけてゆく/福西直美



雨の夜 被害者になる未来しか想像できないから 雨の夜/上澄眠



吾が二人ゐる感じする目薬を見上げる眼に目薬おとすは/久岡貴子



カレンダーめくったあとがギザギザで剥がしにくいね今日から九月/吉田淳美

→なるほど、想像できる。そんなところにも年月、季節はあらわれるんだな。
毎月剥がすタイプのカレンダーをしばらく使ってないので、やや懐かしい感じがした。



ヤクルトがあるよ飲みなよと言ったあの顔で棺に横たわる祖母/小松岬



梨色にぼやけた夢のなかだった あなたをわたしはまだ信じてた/紫野春

→梨色、にインパクトがあった。もっとほかの表現にしそうな色だ。「わたしはあなたを」になりそうなところだと思うんだが、ここは「あなたをわたしは」だ。そういうなにげないところがなんだか生々しい。もう信じられない人を、夢は信じさせてくる。



「もしやわれ死んでゐないか」と死亡欄見たりなどして九十七歳(きうじふなな)に逝きし/上杉和子



栗のいがは踏んでひらけといふものを布靴に棘の通りしかの日/真中朋久「ソール」

→なんと、一連が靴底の歌だけでできていた。こういうのは「参った」ってなる。得意な分野や身近に起こったことを題材にするならわかりやすいが、なんで靴底? うーむ。参った。



以上で塔12月号を終わります。
んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR