ぬらっ。CD100枚捨てた

ぬらっ



クラシック音楽のCDを100枚くらい捨てた。YouTubeで間に合っちゃうようなやつは捨てていくことにした。集めてたけど、もういい。

曲目が珍しくなくて、演奏者にこだわりがなくて、思い入れがなくて、聴きたくならないから手の届きにくい場所に追いやったようなものを中心に。

朝のテレビで、アメリカ(だっけ?)にはもうCDショップが無いっていうのを聞いたのが多分影響している。HMVが全店閉店したとかなんとかって。

部屋にどーんとCDがあるのに全然聴かなくなっちゃったのは、YouTubeによるところが大きい。

100枚くらい減ったってたいして変わらない。だんだん捨てづらいCDが残るはずで、さてどこまで減らせるか。


"15 Hooked on Classics Megamix"
https://youtu.be/TLEin952VfQ
最近聴いたクラシック音楽はこれ。75分で有名曲が大量に聴ける。曲名を見ずにどれだけわかるか、クイズみたいにして聴くのもおもしろい。








保坂和志「カンバセイション・ピース」は160ページまで。四割。
木登りの記憶とか、一人で家にいて耳をすますところとかが良かった。







2017年1月の工藤吉生の短歌、すべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/QINupta2ve
有料マガジン(500円)を更新しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR