ぬらっ。塔のつまみ食い

ぬらっ



Googleの地図をたよりに、行ったことない店に行った。無事行って帰ってこれた。こういうことはもっとやっていい。
遠すぎて無理かと思ったが、行ってみたら行けた。けっこう楽しかった。

まあブックオフだったんだけど。歌集と小説と漫画買った。バラバラだ。
漫画はすぐ読んだ。







塔11月号のことをツイートした。あと12月号をやれば、オレは所属してない結社誌を一年読み通したことになる。
これはオレとしては「よくやった」って感じだ。まだやってないけどさ。何年も続けよう。



短歌誌「群山」「砂丘」「すずかけ」「天象」「サキクサ」「玉ゆら」を読んだ : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/H44gnn0gZK

っていう記事を昨日更新した。
このあたりを取り上げるっていうのはなかなか珍しいんじゃないの。ほかで読めないものを書いていきたいですね。文章とか上手くないんで、深い鋭い評論とか書けないんで、せめてそういうところで勝負したい。

上にあげたようなのは継続して見ることはないだろう。でも知らない本を一度見渡すのはおもしろい。



塔は続けて読む。自分が会員じゃなくなったら気楽に読み流せるようになった。二時間弱で目ぼしいところを読んで終わりにしてる。それで悔いがない。逆に、目ぼしいところだけで二時間かかるということは、読みたいもの盛りだくさんってことですね。
三年所属していたからできることだ。つまみ食いにも経験が要る。どこが美味いかはわかっている。
「未来」でそういうことはできないなあ。構えて何日もかけて読む。






新聞に載った短歌のまとめを更新しました
- NAVER まとめ https://t.co/8GqmHoc54C


砂に埋もれる|mk7911|note(ノート)https://t.co/ktjFZMyckl
有料マガジンを更新しました。500円で100近くの記事が読めます。もちろん無料のほうでは読めない内容になってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR