ぬらっ。群山、杜人

ぬらっ


削除、削除、削除|mk7911|note(ノート)https://t.co/thN0DpNsjK
有料マガジンを更新。500円で約100の記事が読めます。







文学館で「群山」を読んだ。55ページだが、一時間近くかかったんじゃないかな。

読んだことのない結社誌を読むにあたり、
▽トップの欄/中心人物のいる欄は、知ってる人・名前を見たことある人を中心に一通り読む。ただし、人数が多い場合は作品を半分だけ読むなど工夫する。
▽その他大勢の欄は知ってる人以外はとばす。
▽読み物は、短歌やその結社に関するものはなるべく読む。家族や旅行などに関する散文は飛ばしてよい。
▽評のページは、取り上げられている歌だけをまず読んで、気になれば評も読む。
▽気づいたことはなんでもメモする。

というふうにすれば、無理なく読める。



それと「川柳 杜人」252号を読んだ。「川柳 宮城野」のほうが柳誌としては大きいようだ。ページ数もあるし写真もあるし本屋にも売っている。

一方で宮城の短歌結社は「群山」以外にはなさそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR