ぬらっ。カップ麺/交響曲の動画



ぬらっ




なんかこわいものみつけた http://p.twipple.jp/LmAUv
いつかいつかと思って溜め込んでしまうんだよねー。


期限を三ヶ月過ぎたやつを食べたとき、先入観からだろうけど味が気になったし、翌日は腹をこわした。


賞味期限切れのカップラーメンは何カ月先まで食べられる?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1267411287 #知恵袋

半年たつと味がはっきり悪くなるという回答。じゃあやめよう。


捨てるのはアレだから、家族の誰かがうっかり取って食べそうなとこに置いておこう。
……自分でうっかり食べそうだなあ。






"Bruckner, Symphony Nr 4 Es Dur 'Romantische' Claudio Abbado, Wiener Philharmoniker" https://youtu.be/gcBg-tXn0fs
アバドとWPOのブル4。見た。
クラシックはけっこう聴くんだけど、実は動く映像はほとんど見たことがなかった。動いてるアバドを初めて見た。

それより映像としての完成度、カメラワークがすごいと思った。
ここではこの楽器が活躍します、というときに必ずそこをおさえている。遅れることはなく、ぴったりのタイミングで楽器を映している。
ホルンが出る場所はホルンを映しているし、チェロが出る場所はチェロを映している。特に特定の楽器が目だってなければ指揮者か全体を映している。これが完璧になされている。
楽器がひっきりなしに入れ替わるところでも外さない。数秒単位でカメラは切り替わる。
ってことは、映像をつくっている側も60分をこえる交響曲の見どころ全てを秒単位で把握しているというわけだ。



"Mahler "Symphony No. 2 (Resurrection)" (1. Mov.) Bernstein" https://youtu.be/hubKTlcAKOw
バンスタとLSOのマラ2。見た。
これもやっぱり動いてる楽器をはずさずに映しきっている。バーンスタインは時々ジャンプして指揮している。
舞台裏などにいる「バンダ」と呼ばれる演奏者がいるんだけど、バンダが演奏しているときは会場の壁を映していた。

動いてるバーンスタインも初めて見た。DVDは中古でもけっこう高いし、気軽に見れるようになって、そういう面ではいい時代になった。







有料マガジン【500円】では、自分の考えたことを書いています。

どこへ向かって表現するべきなのか|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n4fcb83c1b017

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR