ぬらっ。忘れられない一撃

ぬらっ。


読書が進んだ。
現代短歌2月号を読み終わった。
保坂和志『小説の自由』を読み終わった。


届いたNHK全国大会の作品集を読み終わった。あまり好きじゃない作風が多い。健康的すぎるというか。NHKっぽすぎるというか。オレが読みたいのはもっと大胆だったりねじくれたものなのだろう。
佳作にも入っていない。三年続けて予選落ちだ。
たくさん応募してる人もいる。この大会に何万もかけているのだ。
近藤芳美賞は応募料5000円がもったいなくて見送っていたが、知ってる人がたくさん出していて、水準が高いとも思えないし、オレも出そうかと迷いがでてきた。







ツイッター見てるとすごい勢いで言葉がすっとんでいって、様々な書籍が出ては彼方に消えていく。すぐに忘れ去られる。
その激流のなかにオレが一滴を垂らすことがどれだけの意味をもつのだろうか、ということが頭のなかにある。その意味というか価値のあるものを作っていかなければ。
忘れられない一撃をおみまいしたい、というのは邪な気持ちだろうか。


歯医者のことを思いだしながら五首つくった。





「スワイプ ブロック崩し」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.Monthly23.SwipeBrickBreaker

読書がすすんだのでゲームでも、と思いやってみたら面白くて時間がつぶれた。
ブロック崩しではあるが、パズルボブルみたいな要素もある。







雑談。「無冠」のことなど|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n72cb58637fbe
有料マガジンを更新しました。500円で約100記事が読めます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR