ぬらっ。日本沈没/田園に死す

ぬらっ



去年見た映画は「ダイハード2」だけだったのをちょっと気にしている。

YouTubeではじめて映画を見た。2006年の「日本沈没」。

おもしろい映像もあったけど、だんだんお約束な流れになってきて退屈した。
仙台の被災者だという人達が、オレの聞いたことないような訛り方ではげましあっていた。



"≪AI朗読≫日本以外全部沈没≪筒井康隆≫"
https://youtu.be/0y1wiEv6d3w

タイトルだけは知っていた作品。面白かった。AI朗読がわりと聴きやすかった。句切りはときどきおかしいが、おおむね言ってることはわかる。スピードもちょうどいい。



"田園に死す Pastoral: To die in the country (1974) (English subs), Shuji Terayama"
https://youtu.be/MThQ8kQHEyg

今年の映画二本目。これで去年より見た映画が多くなったぞ。

短歌がいっぱい出てくるなーくらいの印象から始まって、柱時計とか赤い櫛とか寺山っぽいアイテムがいろいろ出てきて、不安になるようなわけわからなさがあふれていて、とにかくすごい。
訛りがちゃんとしてたのもよかった。




"ねじ式 つげ義春 1968 Screw Style"
https://youtu.be/ck4SZi7jxAM
動く漫画って感じだ。映像の古さも含めて、なかなか味わいがある。







有料マガジンが急に終わることになった。ひとつのマガジンに100までしか記事を入れられないことがわかったのだ。いい機会だから少し休みにしたい。

【お知らせ】このマガジンが終わります|mk7911|note(ノート)
https://t.co/qXtyFMSjwl
500円の有料マガジンを終了するお知らせ。



角川短歌賞予選通過作品「ピンクの壁」50首をnoteで公開しています。400円。
https://t.co/PDVrswIfmt
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR