工藤吉生が選ぶ 2016下半期短歌大賞【後編】 歌集その他部門・ツイッター部門

2016下半期短歌大賞
【第6回ぬらっと!短歌大賞】

2016年7/1~12/31にブログにアップした記事、またはオレこと工藤吉生のツイッター @mk7911 でリツイートしたもののなかから短歌を45首選びました。
ぬらっと!短歌大賞では、半年間に読んだすべての短歌のなかから好きな作品を選んでいます。

これまでのまとめ
第1回 #2014上半期短歌大賞 65首
http://togetter.com/li/687898

第2回 #2014下半期短歌大賞 60首
https://t.co/8E5EIBgp2H
第3回 #2015上半期短歌大賞 60首
http://togetter.com/li/842561

第4回 #2015下半期短歌大賞 50首
https://t.co/LPmjDf4Hb6

第5回 #2016上半期短歌大賞 55首
https://t.co/X60WvjAcKc


もう2017年になってしまったので、「第6回ぬらっと!短歌大賞」 #2016下半期短歌大賞 45首を急ぎ足でやっていきます。

前回と同じく、
【1】総合誌→
【2】結社誌→
【3】同人誌・歌集・その他の印刷物→
【4】ツイッター、
の順でやります。


この記事では短歌への評をあわせて載せていきます。なぜこの歌を選んだか、ということを書きます。
以前コメントしたことのある歌についてはそれを写します。

45首をならべただけの簡潔なまとめもあります。それはこちら。
▼2016下半期短歌大賞 45首 Togetterまとめ
https://togetter.com/li/1066315




この記事では後半の
【3】歌集・同人誌・その他部門
【4】ツイッター部門
をやっていきます。




【3】歌集・同人誌・その他部門


ゆっくりと瞼をひらききるときの夕空、鳥を嘔吐している/坂井ユリ「藤」
羽根と根 4号 24/45

→「むせかえるような」とでも言えばいいのか、匂いがしてきそうな連作でした。景色も物もみんな命をもって生きているみたいで、怖いくらいです。



青林檎なんて遥かな天体を見上げるわたしたち菌糸類/藤本玲未「鉱石」
うたつかい 2016秋号 25/45

→うんと小さい菌糸類からすれば青林檎が天体くらい遥かな存在になります。そうすると地球やそのほか天体を青林檎程度に見ている巨大な生き物のことが思われます。
「わたしたち菌糸類」がとてもいいんですね。菌糸類の立場から詠んでいるとも読めますし、わたしたちはある意味で菌糸類のようなものだという比喩にも読めてきます。いやもっと言うと「わたしたち」の「たち」のなかに読者のオレも含まれるように感じられ、引き込まれるのです。



きのう出した手紙のことを真夜中のメールに書いて、遠いあなただ/嶋田さくらこ「髪に花を」
SUVACO 26/45

→出した手紙のことを、メールにも書いています。メールしたのが真夜中であるところに味があります。より早く聞いてもらいたくなったのでしょう。
行動がちぐはぐなようで、しかし伝えたいというところでは一貫しています。伝えたさ、関わりたさがせまってくる歌です。



味のないガムいつまでも噛んでいる十代最後の花火大会/澤田一平
第45回 現代歌人協会主催 全国短歌大会選歌集 27/45

→「味のないガム」は味気ない青春でしょうか。「いつまでも」は未練の気持ち。そこへ花火の華やかさと儚さ。ほろ苦い歌です。



笑う猿笑わない猿いっせいに冷たい声で会いたいと言う/竹中優子「右に曲がって」
稀風社の貢献 28/45

→「笑う猿」からどんどんシリアスになっていく、背筋の凍るような歌。
笑っていたりいなかったりしていたはずの猿が「いっせいに」ひとつの言葉を言いますが、一体なんの力がこの時の猿たちを束ねたんでしょう。



三秒ごと四秒ごとによみがえり十二秒後におまえを殺す/直泰「井佐坂先生でもあるまいに」
稀風社の貢献 29/45

→これは例外的に、ブログに載せなかった歌から選びました。時間が経ってからだんだん自分のなかで存在が大きくなった歌です。

正体不明なものが、秒単位でよみがえってきます。12は3と4の公倍数。複数のわけのわからないものがからまりあいながら殺しにくるイメージを持ちました。


時(とき)のまのありのままなる楽しみか畳のうへにわれは背(せ)のびす/斎藤茂吉『石泉』
30/45

→佐藤佐太郎『茂吉秀歌』で見つけた歌です。
背伸びが歌になるのかと驚きます。うーんと背伸びをする、それを「楽しみ」という。たしかに気持ちいいけど、楽しみとまでは考えたこともありません。
あるのに見えてないこと、それが見えてる人がいること。



生き物を飼はずなりたる幼子の小石拾ひきてわれに見しむる/佐藤佐太郎『開冬』
31/45

→どんな事情で飼うのをやめたのかはわかりません。生き物の種類も不明。離してやったのか、ゆずったのか、死んだのか。
小石を拾って見せるのがその代わりだというのです。わびしい気分になります。


たとふればめぐる轆轤(ろくろ)をふむごとく目覚めて夢のつづきを思ふ/佐藤佐太郎『開冬』
32/45

→夢から覚めると夢の記憶が消えてしまうことがあります。あるいは記憶が断片的になってしまう。それを、まわってるろくろを踏むことに例えています。納得。
ろくろって漢字で書くと難しいですね。
踏んだろくろを見て完成形を思ってみてもせつないことです。


悲しみに耐ふべき吾はストーブの燃ゆる炎の音を聞きゐし/佐藤佐太郎『地表』
33/45

→ちょっと思い出すのがむずかしい音です。今オレの部屋にも暖房がついてますが、この音ではない気がします。しかし心のどこかでしずかに炎の音がして悲しみと響き合う気がします。

佐藤佐太郎を三首も選びました。岩波文庫の佐藤佐太郎歌集を読んだのでした。バランスを考えすぎて好きな歌が落ちるようなことのないように、今回は気をつけてみました。



「、」で終わる文なんてない ないものはない ないもののような学校/千葉聡『そこにある光と傷と忘れもの』
34/45

→学校の授業のなかでの決まりはゆるぎないけれども、学校から外に出れば通用しなくて、広い社会から見ればないも同然になります。
一字空けが二箇所あり歌が三つに分かれていますが、二つ目から三つ目へ移るところにどんでん返しがあります。




よろこびの星のごとくに生まれ来し吾子よわが荒れの手の中にいる/加藤美智子『真珠のいろの陽を掲げ』
35/45

→命をさずかったよろこびが表現されています。上の句は大きな比喩で、下の句には現実感があります。



わたし、踊る。わたし、配る。わたし、これからすべての質問にいいえで答える。/斉藤斎藤『渡辺のわたし』
36/45

→やると一人で思い込みで決めて、ひたすらにやりきっちゃいそうな人です。すべてにいいえで答えるのって、ウソ発見器にかかる時ですよ。「配る」もなんかやばい。「踊る」の自由さから、すごい勢いて離れていきます。

ウソ発見器も、とんと見なくなりました。「はい」であるべき問いを「いいえ」で答えると、針が大きく動いてウソだとわかるのです。
"ドラキュラが狙ってる 渡辺真理アナ編"
https://t.co/yp6TunUEZm
こういう装置。はじめに必ず「すべていいえでお答えください」って言う。




防ぎようのなく垂れてくる鼻水のこういうふうに来る金はない/虫武一俊『羽虫群』
37/45

→前半は肉体的に覚えがありますし、後半のような働かず苦労せずして収入を得たい気持ちもとてもよくわかります。「ない」の言い切りに現実の厳しさがあります。





【4】ツイッター

雨のふる響のなかにめざむれば未来せばまるごときこころぞ/川島喜代詩
38/45

→変なことを言っているようですが、気持ちはわかります。



伴なはれ来しデパートに自らの意志をもたずにゐる一時間/福田柳太郎
39/45

→良さを言うのがむずかしい歌ですが、デパートを歩いている時間が異質なものに捉え直されます。



ある日あなたは罵詈雑言を送りつけ蟻の上に蟻蟻の上に蟻/加藤治郎『雨の日の回顧展』
40/45

→ネットをやるようになってから罵詈雑言を送ったり送られたりすることがありました。それ以前はそんなことなかった気がします。
下の句の反復が印象的です。いろいろに読めますし、追いかけないような読み方もあるでしょう。蟻のような細かいことの積み重ねが罵詈雑言につながったと読めます。黒いものがうごめくさまが不気味だとも読めます。



本気でやるつもりだったら流れ星に願い事とかしてみてもよい/脇川飛鳥
41/45

脇川さんのこれは一度通りすぎた歌だけど、どうにもひっかかってきて、ついには自分のなかの格言みたいにまでなった。



たまきはる命からがら逃げ出した 泣くとき言葉はそのままの意味/奈良絵里子
42/45

→上の句、どんなひどい状況だろうと思わせます。枕詞がつけられて、命に重さが宿っています。
下の句、それはその通りですね。非常時は言葉が丸裸になります。何にでも当てはまる箴言みたいですが、たった一つの出来事が背景にあったのだろうと思います。



足がスッ 二十四時間たって また 足がスッ おはようございます/はだし
43/45

→これを選んだのはちょっとしたギャンブルです。心になにかを残していった歌ですが、それをどう評価していいのか、あるいはするべきでないのか、自分のなかで完全には整理がつきません。
「足がスッ」が不安定なんですよね。スタイルがいいとか、まっすぐ立っているという意味にもとれます。
足が消え去ったみたいにも読めます。「おはようございます」の前だから寝ている間の出来事ととれるのです。足のない幽霊が毎晩出ていると読みました。



イルカがとぶイルカがおちる何も言ってないのにきみが「ん?」と振り向く/初谷むい
44/45

→「ネットプリント毎月歌壇」だ見た歌です。青春だなあ、恋だなあと思います。
一緒にイルカショーを見ている場面です。イルカが何か招きよせたのか、「きみ」に変化が起きます。テレパシーっぽいですが、これくらいなら普段の生活にもありそうだし、そういうギリギリのところがたまりませんね。現実のなかのキラキラした部分をすくいとっています。



あなたと張ったテントはとても美しく最初のうちは雨をはじいた/斉木ギニ
45/45

→だんだん雨をはじかなくなっていったのを思うと、人と人とのある種の関係もそうなのかもしれないと思います。それでも雨をはじいた頃のことを思い返しています。
未来7月号のなかの、3月号のアンソロジーに載っていた歌です。




これで第6回ぬらっと!短歌大賞(2016下半期短歌大賞)を終わります。また半年後。










宣伝

2016年12月の工藤吉生の短歌、全て見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/tdZ7Zhiw2Y
有料マガジン更新、500円ですべての記事が読めるマガジンです。



角川短歌賞予選通過作品「ピンクの壁」50首をnoteで公開しています。400円。
https://t.co/PDVrswIfmt
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR