2016年の自選五首/2016年の短歌活動のまとめ

自選五首と、今年の短歌の出来事。


今年も #2016年の自選五首を呟く やりましょう!
期間は12月19日~12月23日を予定、上記のタグを付けて今年の自己ベスト短歌五首をタイムラインに流す簡単な企画です。去年の様子は #2015年の自選五首を呟く をチェックしてください! タイムラインを短歌で埋め尽くそう!!

という、塾カレーさんのツイート
https://twitter.com/bozumarukome/status/803984544806277121
に乗るかたちでオレは今年の自選五首を選んだ。



生命を恥じるとりわけ火に触れた指を即座に引っ込めるとき/工藤吉生
〈NHK短歌「いのち」〉
#2016年の自選五首を呟く 1


じゃあ逆になんで一緒になったかと訊いてみたいが深そうな森/工藤吉生
〈万葉の里 あなたを想う恋のうた〉
#2016年の自選五首を呟く 2


行き先を知らず昇った石段の上でがっかりして降りてきた/工藤吉生
〈未来 6月号〉
#2016年の自選五首を呟く 3


九回の裏についてるバッテンの意味をたずねた昭和の父に/工藤吉生
〈短歌で遊ぶフリーペーパー「バッテラ」05号〉
#2016年の自選五首を呟く 4


悲しげな声で鳴いてる犬がいた塀の向こうの昨日の夜に/工藤吉生
〈日本経済新聞「歌壇」〉
#2016年の自選五首を呟く 5



1は去年も選んだんだけど、えらい賞をもらったのが今年なのでまた選んだ。
2は思いもよらない方向から反響があった歌。賞金もうれしかった。
3は結社誌から。
4はおもしろいものに参加した記念。
5は珍しく身内にほめられた。







お知らせです!
たんばな12は23日から3日間やります!クリスマス三連休ぶち抜きです!
テーマは「短歌な2016年」。
今年出たこの歌集が、この論争が、自分の歌が、あの本が、私の思い出、なんでもありです。年末の振り返り企画でお会いしましょう!
タグは #たんばな12


という @hachidxさんのツイート https://twitter.com/hachidx/status/810828367582806020?s=09
に乗って2016年を振り返ってみた。いろんなことがあった。



この一年は、これから何十年もあるなかの一年だとはどうも思えない。短歌のために時間を使える期間が今後も続くと思えなくて、短期決戦のつもりでやってるところがある。

10項目にした。

【1】同人誌
短歌と俳句の文芸誌「We」参加。俳句評を担当。

【2】賞金
「万葉の里 あなたを想う恋のうた」入賞。初の賞金。YouTubeで講評をいただいたり、賞状をもらったり、短歌がたまご豆腐に印刷されているのをフォロワーさんに教えていただいたりもした。

【3】あらたな投稿の場
ネットプリント毎月歌壇、仙台っこ歌壇に投稿。
富士山大賞佳作。
うたらばフリーペーパー初採用。
「推し短歌」で「短歌ホリック」参加。
「洞田」参加。

【4】これまで投稿してきた場での高成績
「NHK短歌」年間大賞。
日経歌壇一席。
短歌研究詠草で2度目の準特選、3度目のうたう★クラブ賞。「歌壇」と「現代短歌」でも投稿欄で特選。

【5】投稿の参加
結果は奮わなかったが、大衆文藝ムジカ「短歌衆」、宮城県芸術祭・文学祭に参加。

【6】イベント・行事
仙台文学館の「ことばの祭典」「せんだい文学塾」参加。

【7】依頼
フリーペーパー「バッテラ」ゲスト参加。
「かばん」で歌集評を書く。

【8】新人賞
角川短歌賞で初の予選通過。

【9】開始
noteで有料マガジン開始。

【10】結社
「未来」彗星集の会員としての最初の年だった。「未来賞」候補になった。

以上。



十大ニュースにはならないが、「うたの日」には2回だけ参加した。二月に四位になって、八月にどんまい(ビリ)をもらった。
丁寧なコメントをもらって、「オレの歌を分かろうとするとこんなに頭を使わなきゃいけなくなるんだな、オレの歌って難しいんだな」と思った。
難しいっつうか、ちゃんとしてないんだなって。それは歌会のたびに反省することだ。


来年も好い年になりますように。







角川短歌賞予選通過作品「ピンクの壁」50首をnoteで公開しています。400円。
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR