ぬらっ。パイロットの夢/ふたたび青春と月日のこと


ぬらっ。


伊舎堂仁さんが「ひとし」という名前のアカウント @kubizumoukarano で歌をツイートしてくださった。ありがとうございました。
……とふつうにお礼を言ってみたが、ブロックされている。ブロックしている人の歌をツイートするひとしさん。

こういうツイッターの使い方をする歌人はたまにいる。
あらかじめ歌人をブロックする歌人。
フォローされるのを拒む歌人。
急に全員をリムーブする歌人。
オレも身に覚えがないとは言わない。

そして、画像のイラストはオレの短歌のひとつの解釈というか連想だろう。オレがこの漫画そっくりな顔だったらよかったのに。
パイロットと習字の先生かー。






ニコニコ生放送で笹公人さんを見た。
あと、保坂和志『小説の誕生』は40ページだけすすんだ。
斎藤茂吉『アララギ二十五年史』は大正九年まできた。あとはほとんどなにもせず。

「くるみちゃん」と呼んでいた近所の猫のほんとうの名前が「みーちゃん」だとわかった。






なんかずっと頭痛がしている。仕事中は平気なのに部屋にいると痛い。もしかしてと思って調べたが、たぶん暖房つけても換気してないからだ。

換気すると寒いなー、換気しても寒いばかりで頭痛が治らなかったら損だなー、とか考えていると行動が遅れて、結果として時間を無駄にする。
そういうことの積み重ねで人生が終わっていく。
というわけでガバッと換気した。頭痛が弱まった。







一昨日の記事が読まれている。
初めてこっちのブログがメインの「存在しない何かへの憧れ」 http://blog.livedoor.jp/mk7911/ のアクセス数を超えた。

どこから何百人もこのブログの読者があらわれたのかはよくわからない。アクセス解析によると、Google.co.jpから来たことになっている。
ツイッターで、フォロワー数百人の人がこのブログのURLをツイートしてたのは見た。あとはよくわからない。
ライブドアブログのアクセス解析には、もっと細かい仕事をしてほしい。ほんとにGoogleから来たのか、だとしたらどういうワードから来たのか。



「青春の漢字のなかに月日がある」の前例のひとつとして「そあい恵子」さんという人のツイートを一昨日オレが紹介したら、それがみるみる拡散された。この問題を扱っているトゥギャッター https://togetter.com/li/1063574#c3337600
のコメント欄に急に「そあい恵子」さんのツイートを紹介する人が増えた。その人自身が見つけたみたいに。オレが紹介するまではだれ一人としてこの人のこのツイートには言及してなかったんだけども。オレが探して紹介した直後に偶然ほかの誰かも探して紹介したのね。あくまでその人が見つけたのね。

オレが燃料を投下したみたいになっている。炎上とは関わるものみんな巻き込んでいくのだなとあらためて思った。


トゥギャッターを見ると、まとめた者は炎上させたがっているように見える。このタグの付け方よ。
盗作が問題というより、騒ぎたい人達が騒ぐきっかけとしてこれをかつぎ出したんじゃないかと思えてくる。

そしてオレの「ツイッター短歌史」は、騒ぎを記録するものになっていて、週刊誌的だ。良い歌や短歌のおもしろさが話題になるよりは、こうした騒ぎばかりが大きく話題になるのがツイッターだから、ツイッターの主な話題をとりあげていこうとすればこうなる。






角川短歌賞予選通過作品「ピンクの壁」50首をnoteで公開しています。400円。紙で縦書きで読めるネットプリントの番号付き。
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR