河北新報の「河北歌壇」(2016.11.6)に短歌が掲載されました


河北新報の河北歌壇(2016.11.6)に短歌が掲載されました。




花山多佳子選
貸倉庫並んでいれば味気なし昔よく来た駄菓子屋の前/工藤吉生


20首載るうちの6首目。
なんか6首目が多い。

ひさしぶり。間隔があくと心配になってしまう。気づかない間にオレが不正でもしてたのかとか、そんなにオレの歌がつまらなくなったんだろうかとか。そういうのはよくないよな。


反省点としては、貸倉庫が並んでいるのは駄菓子屋の前なのか、駄菓子屋そのものが貸倉庫に変わっていてその前に主体がいるのかがわかりにくいこと。
後者に読めるだろうが、前者のつもりで書いている。まあ、いい歌に感じられるならばどちらでもよいことで、感動こそが大切なのではあるが、やはり的確な表現をこころがけたい。
あーなんか余計なこと書いたかな。
基本的に自解っていうのは意味がないものだと、北杜夫が斎藤茂吉についての本に書いていた。そうなのかもしれない。



宮城やそのあたりの地域の新聞である河北新報の「河北歌壇」は花山多佳子さんと佐藤通雅さんの選でそれぞれ20首ずつ計40首載ります。毎週日曜日の掲載。


以上、報告でした。

新聞に載った短歌のまとめはこちら。
http://t.co/6IYOFlvBhk







2016年10月に発表した/掲載された工藤吉生の短歌まとめ【前編】|mk7911|note(ノート)
https://t.co/UayyE6Sufu
有料マガジンを更新しました。500円ですべての記事が読めます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR