ぬらっ。映像の世紀


ぬらっ


@masunobot
昔ある歌人に私の態度が「ロックだ」みたいなことを言われたことがあって、私はそんなことに価値をまるで感じないから本当にいやでした。そしてその歌人の「ロックと思われたい」みたいなところが苦手なんだと改めて自覚しました。私は幼少期から「普通がいい」と願っていて、結果こんなふうなんです。

https://twitter.com/mk7911/status/794179608610361344

このツイートを津田さんがいいねしてた https://t.co/PnJV4IGrLw







36歳最後の日だった。
「映像の世紀」ばかり見ていた。


"映像の世紀 06 独立の旗のもとに"
https://t.co/jMu5gK2Nzl
見た。よかった。アジア中心の回。ガンジーやホーチミンや毛沢東がクローズアップされる。ガンジーの姿勢に特に感銘を受けた。


"映像の世紀 第05集 「世界は地獄を見た」 Video 2"
https://t.co/3SLcn3lTR9
これも見た。


おもしろいけどテーマ曲が頭から離れなくなる。


"映像の世紀 07 勝者の世界分割"
https://t.co/YWWWaQOzOM
見た。ヤルタ会談から冷戦まで。

ヤルタ会談の内容とか、ベルリン封鎖とか、知らないことばっかりだった。朝鮮半島が二つに割れて終わる。

しかし平和になるのって難しいんだなと思ったね。大戦が終わったら領土の分け合いでこじれてしまう。


"映像の世紀 08 恐怖の中の平和"
https://t.co/KUTso1Sc7g
見た。核実験、宇宙開発、ベルリンの壁の建設、ケネディ暗殺。
シリーズを4から見始めて、4.5.6.7と戦争していて、ようやく戦争らしい戦争のない時代になった。戦争が影をひそめたら核の映像が何度も何度も出てくるのは皮肉なことだ。兵士が参加した原爆実験に驚いた。

米ソによる核やミサイルやロケットの競争が半分くらいを占めていた。プレスリーやモンローが出てきた。映像が半分くらいカラーになった。
ベルリンの壁により起こったさまざまな悲劇を知った。



"映像的世紀 09 越南的衝 (越戰)" https://t.co/6HEB88rtbd
ベトナム戦争中心の回。タイトルが中国語だけど中身は日本のと同じ。

オレは「素晴らしき日々」っていう海外ドラマが好きだったんだけど、その主人公ケビン達の生きた時代がちょうどこの頃だったなと思い当たった。

デモの映像が多い回だった。ベトナム戦争への反対デモなど。デモが警官隊によって止められるのを見て、金八先生みたいだと思ったりした。


"映像の世紀 #10"
https://t.co/KmuQt90nwV
難民の回。パレスチナ、ユーゴスラビア、カンボジアなど。出てくる有名な人物はポル・ポトなど。
家族が引き裂かれる話はつらい。なんでこんなに世界には悲しいことがたくさんあるんだろうと思う。


これらを一日で見た。名前だけ知っているいろんなものの意味がわかり、繋がってきた。






テレビ見てたら、草間彌生さんが「死に物狂いで芸術をやってきた」とすごい真顔で言っていた。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR