ぬらっ。10月が終わった

ぬらっ


10月が終わった。11月になった。

早いなんてもんじゃなくて、オレは恐怖すら感じている。

11月にはオレの誕生日がある。誕生日はいいが年はとりたくない、というか、ほとんど加齢へは嫌悪しか感じない。誕生日でなにか企画でもやろうかと迷っている。たとえば例のものを公開するとか。
でも誕生日って、相手からプレゼントをもらう日だよなあ。そこが微妙だ。
だがクリスマスや新年になにかしようとすればほかの人と「かぶる」ことになるだろう。
公開するのであれば、圧倒的に印象を与えたい。でなければやらない。






10月になにがあったか、日記帳を見てまとめた。そのへんのくわしいことは有料マガジンにゆずる。
こまかいことはけっこう色々あった。

ブログアクセスが減っていることが少し気になる。「存在しない何かへの憧れ」も「ぬらっ日記」も減っている。今年にはいってから最低の数値となっている。つまらないとは思わない。更新もしている。
アクセス数は半分は天気のようなところもあり、こちらではコントロールしきれない。自信を失わず、耐えるのが大事だ。







一部分掲載された連作が居場所を求めさまよう話|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n1fbac61306fd
有料マガジンを更新しました。500円ですべての記事を読めるマガジンです。(記事のタイトルをちょっと変えました)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR