ぬらっ。戦争のカラー映像

ぬらっ。

またもや23時すぎに、追われるようにこれを書いている。

なんだかあっという間に一日が終わってしまう。仕事して寝てちょっとネット見ると一日がおわる。こんなことでは困る。インプットもアウトプットもない。
ああでも、そういえば有料マガジンを更新できた。

角川短歌賞選考会での「短歌やめる可能性あるよね」発言、ほか|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3757b2d42b40

講読者がふえたのもうれしい。
厳しいことを言いそうな講読者が増えて、緊張する。気楽に勝手に書くというわけにいかない読者層だ。



とにかく仕事がつかれた。








帰宅してからは、YouTubeで戦争の動画を見ていた。第二次世界大戦のころに、カラーフィルムがたくさん残されていたことに驚く。白黒よりも戦争にリアリティがでる。ほんとにあったことなのだと実感がわく。何枚も幕が張られていてその向こう側にあった戦争が、何枚かの幕を突き破ってこちらへ訴えかけてくる。



"太平洋戦争 壱 カラー"
https://youtu.be/svywoH-H6P4


"カラー版 第二次世界大戦 第1回 広がる戦火"
https://youtu.be/Moc5yE56XYs
こちらはアメリカ視点。アメリカ側を見ても日本と共通したところが多くある。やはり食料に苦しみ、一般人が戦場へ行っている。
人種差別の問題が大きく扱われているのは日本と違う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR