ぬらっ。サンシャイン池崎さん/25年後

ぬらっ。


今日はなんといっても角川短歌賞だった。


それ以外では、サンシャイン池崎の動画見て笑ってたりもした。いやはやすごい芸人がいるなあと。


"サンシャイン池崎「空前絶後」"
https://youtu.be/f2Ag4WBvR4c


なんなんですかこれ。
絶叫にも、おもしろく感じるやつとそうでないやつがあって、この人の絶叫はおもしろくて何度見ても笑ってしまう。
「こんなのただうるさいだけじゃないか」と思いながらも、爆笑する。間合いとか音階とか、なにか絶妙なコツのようなものがあるのだろう。
「なんでもない」を短く挟むやつも好き。
なんとなく、ジャンプ漫画の「燃える!!お兄さん」を思い出す。







角川短歌賞関連で、ここにきた人にだけオレの妄想を聞いてもらおう。


どうでもいいけど、25年後とか30年後の新人賞は誰が審査するんだろうって考えてたんだよ。治郎さんも穂村さんも亡くなってるかもしれないと思うと、歌壇がえらくさびしく感じる。

考えの発端は「選考委員が応募者の職業を知りたがるけれども、たとえば斉藤斎藤さんが選考委員だったらそういうことを求めてくるだろうか」ってところからだった。



オレが妄想した2040年の新人賞選考委員
斉藤斎藤、山田航、大森静佳、小島なお。

黒瀬珂瀾、永井祐、花山周子、石川美南。

永田淳、光森裕樹、瀬戸夏子、服部真里子。

どうでしょう。

ありえないって? そりゃいまは、皆さん「わたしに声がかかるわけありません」って言うだろうけれども。



大体こういうのは、歌集を出していて、総合誌に作品や原稿を書いていて、企画の座談会に出てくるような人から選ばれるわけでしょう。それで結社がかぶらないように配置される。ならばこんな感じじゃないかなーと思った。
いま学生の人はさすがに挙げづらくってやめた。でも何人かは考えてるよ。



2040年になったら答え合わせしてみたいね。上の三つのどれかとドンピシャリ(古い言葉だ)のがきたらオレが「ほら見ろ!」って言うから。
いずれにしろ、オレが今現在名前も知らないような人が選考しているとは思わないな。



で、2040年のオレは?








……?














有料記事の宣伝。
汚染歌人
|mk7911|note(ノート)
https://t.co/57jUdAW2xN

続・汚染歌人~スパムと和尚編~|mk7911|note(ノート) https://t.co/9eztqMJfIs
50

続々・汚染歌人  ~小骨をとった和尚|mk7911|note(ノート) https://t.co/DZO8Vao4zM
これらは500円ですべての記事が読めるnoteのマガジンです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR