ぬらっ。二つの重荷

ぬらっ


タウン誌掲載|note(ノート)https://t.co/IGakeyVOrG
有料記事。「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。

タウン誌に掲載されたものについて詳しく書きました。







仕事に遅刻する夢から、二人の男性歌人となかよくなる夢になった。一人とは一緒に風呂に入って語り合った。
もう一人は選者クラスの偉い歌人。オレの投稿した歌について興味をもっていて、説明を求められて歌についてしゃべったりした。ていねいに話してもらってありがたかった。







たのまれて重荷を背負っていたが、なんとか下ろした。つまり原稿を仕上げた。
だがこれでいいのかはわからない。直しを求められないともかぎらない。連絡待ち。これがまた緊張する。


もうひとつの重荷はオレが勝手に背負ったものだが、斉藤斎藤さんの『渡辺のわたし』についてツイートしようと思っていたのだった。それがなかなか果たせずにいたが、昨夜ようやくできた。思ったよりうまくツイートできたので満足している。







「星を割れ!」
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.oridio.strikeThePlanets
というアプリをやって、10分くらいで飽きて消した。レビューが頭悪そうな文章多めだったからちょっと心配はしていたんだが。







見た動画から。

"【閲覧注意】極道の道を生き抜く女たち・・・入れ墨" https://youtu.be/VXd6thJlQgM
入れ墨をちょっといいなと思ってしまった。



"【人間と犬】 決して満たされない人間と犬の愛情" https://youtu.be/b0A0zq1HsdY
ちょっとちがったエロさがある。



そういえば以前ブログに書いた「硝子の葦」という、歌人が主人公のドラマの動画が消されていた。早く見ておいてよかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR