「やまとうた」という短歌俳句川柳の投稿サイトを見つけた

https://t.co/ewX91vtpRm

「やまとうた」という短歌俳句川柳の投稿サイトを発見した。2013年に開設されたようだ。2014年から更新が止まっていて、運営のツイッターアカウント @yamatota_jp は2016年4月を最後につぶやかれていない。

メールアドレスで登録できる。メルアドをおくると複雑なパスワードがかえってきて、それを入力してログイン。

プロフィールは名前以外には256字以内で自由に書ける。
登録しなくてもお試しで投稿できるとのこと。
57577を句ごとに分けて入力する必要がある。投稿すると、句ごとに分けられたかたちで表示される。



ツイッターで共有すると縦書きで表示されるのがウリらしい。が、オレの環境からは字がズレてるように見える。



登録したら、オレのプロフィールのページのURLに51という数字がついていた。これが登録人数だろう。



作品に背景をつけられるのが特徴らしいが、やりかたがわからなかった。使い方の説明がない。
新機能のお知らせと、お問い合わせフォームと、すごく短い規約とがある。シンプルなのが気持ちいいが、機能がわからないのはこまる。


「やまとうた」で検索しても他のものばかりでてきて、このサイトにそう簡単にはたどりつけない。このタイトルはよくないな。



このサイトはたまたま見つかったが、人知れず生まれて人知れず埋もれていく短歌のサービスもあるのだろう。

オレはいつもこのように、短歌に関しておもしろいものがないか、新しいサービスはないか、ネット上をうろうろと嗅ぎ回っております。
以上、掘り出したサイトの報告でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR