ぬらっ。テキストマイニング/薄い人生



ぬらっ




こんなツイートを見た。うにがわえりもさんのツイート。


みなさん、自作短歌が200-300首くらいたまったらワードとかエクセルにまとめて、テキストマイニングにかけてみるとおもしろいですよ。使用頻度が高い単語の上位を見ると、自分の作風が見えてくるかも。

https://t.co/ucRNGWPFBM
↑こちらのサイトなどお手軽です。



さっそくやってみた。「オレ」がでかいこと以外に感想なし。 https://t.co/dqmH8jUDdV

ちなみにこれは近作500首(6割くらい未発表)でやってみた結果。


古い作品でもやった。 https://t.co/JX5kkVIbYV

特徴的な表現になるほど「スコア」が高くて、使用頻度が低くても文字がでかくなるようだ。

「ケツ」「クソ」「汚い」「見苦しい」とか見えるけど、はじめのころはそんなんだったな。


使用回数の多い言葉ランキングにはあんまり感じるものがない。分析する頭がないので、おもしろがって終わりです。
どう役に立てるのだろうと考えた。何冊も歌集をテキストマイニングすれば、その歌人の特徴や変化が見えるのかもしれない。自分のを一回や二回くらいやっても、なんとも言えない。

使用回数が多い言葉だから少なくしようとも思わないし、多いからさらに多くするのもちがうし。
診断メーカーを見るような気持ちで眺めた。








布団のなかに何かがある夢をたまに見るのよ。今朝はぶどうがあった。いつもの布団のなかにブドウの手触りがあって、ためしに一粒もいで食べた。でもそれ以上はっきりさせようとすると夢がさめて現実になる。場所は同じ布団で、ブドウがあるのが夢で、無いのが現実。

以前は「ふとんのなかで誰かの手を握っている夢」だった。それは手しかなくて、でも自分の手じゃない。たしかに自分の手じゃないなあ、こわいなあ、って夢。さめると手がなくなっている。

手よりはブドウのほうがいいです。今回はデラウェアだったけど、次はシャインマスカットにしてほしい。







診断メーカーで遊んだ。

工藤吉生さんの人生を本にすると

10ページに相当します

タイトルは
「工藤吉生の『君が好き(75回目)』」
#あなたの人生を本にすると何ページ

https://t.co/YtMpBAAw5j



ぬらっさんの人生を本にすると

12ページに相当します

タイトルは
「ぬらっの『試合で負けた時に使える10の言い訳 Best10』」
#あなたの人生を本にすると何ページ

https://t.co/YtMpBAAw5j

著書に自分の名前が入っていると。そして……なんとも薄い人生だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR