ぬらっ。ブラックアニメ

ぬらっ


書込歌集は9割くらい下書きを書いた。現代短歌社賞の300首を書くもりだったが、終わりの60首の内容は入れかえた。
その他にさしかえた歌もあるし、書いている途中で直した歌もある。未完成だったんだな、と思う。

そのつながりで、勢いだけで5首読んだ。






夜に頑張ろうとしてもなかなかつらい。朝のほうがまだ頑張れる。後回しにしないようにしたい。

短歌から距離をおきたい気分にまたなった。集中して読めない。時々短歌の脳を休ませたい。

最近ツイッターで短歌をツイートすることが減った。感想を書くのが恥ずかしい。前はもっと怖いもの知らずだったんだけど。

アウトプットできていないし、インプットしたものが整理できていない。食ったものがあんまり栄養に変わらずにずっと体内にある感じ。
読むのが食べることで、読んだものについて考えることが吸収で、ブログにまとめると消化したことになるイメージ。

ツイッターだと修正しづらいというデメリットがあるから、歌だけはツイートして、感想はブログだけに書く、というのはよく考える。だけど実行できていない。







最近印象にのこった動画。

"「18禁ブラックアニメ」ドラッグ中毒-Jackie- https://youtu.be/HQy0mG4DWdE

"「18禁ブラックアニメ」Jerry" https://youtu.be/Vf3ABmac4GA

これは二本でひとつの物語になっている。


女性視点のほうは、性的ないやがらせを受けることがおおいのがかわいそうだと思った。ドラッグや窃盗はあまり重要と思わなかった。

男性視点のほうは、もっと人と関わるとか趣味をもつとかしたほうがよいと思った。食べ物だけでも変えるとゆたかな気分になる。財布はもって外出しよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR