ぬらっ。オレの散歩コース五つを紹介するぜ


ぬらっ



ふだんは夕方に散歩するんだけど、今日は20時すぎからの散歩にした。暗いが、車はけっこう通る。公園に入ったら無人で少しこわかった。



晩年の佐藤佐太郎を読んでると「蛇崩坂」というのがよく出てくる。散歩して歌をつくるのがオレと同じなのでその点に興味がある。

蛇崩川緑道(1) https://t.co/RDF3JZQVlL
「東京さまよい記」さんというブログに、蛇崩という場所について写真つきで書いてある。




自分の散歩コースを数えたら、大きく分けて5つあった。
小学校コース、
中学校コースA、
中学校コースB、
寺コース、
公園コース。
小さく分けるときりがない。

小学校コースは短いコース。小学生を多く見かける。

中学校コースAはやや新しい、ひらけた住宅地を通る。

中学校コースBは人通りの少ない、夜に行くのがこわいようなところを通る。いつかここに夜に行きたい。

寺コースはまだ一度しか歩いていない。寺の前を通る。坂がとても多い。
画像は寺コース。寺への道だが、なんだか静かすぎて足が向かなくて引き返した。




公園コースが一番遠くまで歩くし、歌の材料も多い。
大きな公園で、さまざまな植物があり、ご丁寧に木に名札がついている。遊ぶ人がいて、カモのいる池があって、川があり、走っていく地下鉄が地上に見える。歌ができない時に行く。




週に一度か多くて二度の散歩が、こころの落ち着く時間だ。






オレと新人賞の五年間を振り返る|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n848f5559446d
有料マガジンの記事を書きました。「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR