うたの日の歌会「忘」に参加したことと、その反省

ひっさしぶりに「うたの日」に参加しました。そしたら、票がはいらなかった人に送られる「どんまい」をいただきました。

くっ。



どんまいだけど一点は入ってるんですよ。ゲストさんが票を入れると無記名になるんでしたっけ?
一人にでも、一番良いと思ってもらえたなら、まあよかった。



神田川かと思ったら梅田川 知らないものが忘れられない/『忘』工藤吉生
#うたの日 #tanka https://t.co/qcFZTDpqwF


木村比呂さんのツイート。
最初、地理的に勘違いしたのかと思って地図調べてしまった。
漢字の見間違いなのではと気づいて、読み解けたと思う。


吉川さん、木村さんが評を寄せてくださった。上のURLから見ることができる。コピペしようかと思ったけど、「うたの日」ってなぜかうまくコピペできない。



木村比呂さん、すばらしい読み。
それにしても、わかりづらかったという反省がある。親切なひとにしか届かないのでは、いかにも弱い。

オレが思ってるほどオレの歌はかんたんじゃないと、またも感じた。そんなに読者に頭を使っていただかなくても、もっとすんなり行く方法があればいいんだがな。読者にがんばらせずに、作者ががんばらなければ。

せめて、考えたくなるもの、読み込みを誘うものが含まれていないといけない。
歌会ではとくに歌の第一印象が大切だ。ほかの場所でもそうだが、ほかの場所では掲載位置や作者名や前後の歌などに助けられることもあるんで、歌会はほんとに歌のインパクトや入りやすさが大事になってくる。



初句にカッコをつけるという改作をおもいつく。

「神田川」かと思ったら梅田川 知らないものが忘れられない/工藤吉生

うーむ。


既発表になってしまったが、結社の詠草には使えるし、うたつかいやうたらばブログパーツにも出せるし、もちろん投稿だけが短歌の行き先ではない。「うたの日」でこの歌がこの形で終わってしまうわけではない。








このときハート(もっとも良いと思った歌にハートをつけるルールになっていて、ハートの数が票数となる)をつけた歌はこれ。


犬は今日もおじいさん家で立ち止まるわしわしなでる手を忘れない/『忘』かしくら ゆう #うたの日 #tanka http://utanohi.everyday.jp/open.php?no=853d&id=31

わしわしというオノマトペにおじいさんのかわいがりぶりがうかがえます。とても良いです。

と書かせていただきました。





また秋か冬に「うたの日」に参加するつもりでいます。季節ごとに、なるべく普通の日に突然行ければいいかなというところです。







宣伝

工藤の有料マガジン【500円】を更新しました。


2016年7月に発表した/掲載された工藤吉生の短歌まとめ【40首】|mk7911|note(ノート)https://t.co/m0m7IQP9OG

500円ですべての記事が無期限に読めるマガジンです。


ほかには例えばこんな記事があります。

【第一回石井僚一短歌賞】に落選した連作 20首
https://t.co/jVQrn5C2Ln

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2ちゃんねるに書かれているオレに関する疑惑について答える
https://t.co/7bl0976ewb

どうしたら短歌の絵を描いてもらえるんですか問題について
https://t.co/x7uF5emd7k

「いいね」されない短歌/一人称のこと
https://t.co/VnGb7jdktI

オレに関する恥ずかしいツイートを見つけてしまった
https://t.co/mApcvnOrZ8

「文学じゃない」と言われたこと
https://t.co/4Vx9ROeMQ5

工藤、投稿サイトで短歌に厳しいコメントを書かれる
https://t.co/r1E65Zcwqr

16のサイト・アプリに短歌を投稿した結果を比較する
https://t.co/3tMyRK4lDP

歌合 大学短歌バトル2016のこと
https://t.co/WUnEo646fZ

ブログにきたひどいコメントシリーズ 
https://t.co/dMNri2dI2Y



よろしければどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR