読売新聞「読売歌壇」(2016.7.13)に短歌が掲載されました

読売歌壇に、とてもひさしぶりに短歌が掲載された。一年四ヶ月ぶり。しばらくブランクがあったので、一年四ヶ月ずっとボツになっていたわけではない。
曜日がおかしいけど、選挙の関係で水曜の掲載になった。


いただいたピンクのパンツは履くことはできないけれどたまに眺める/工藤吉生
(俵万智選)



載ったのを見たとき、ほんとうにうれしかった。胸のなかが満たされた。投稿でこんな気持ちになるのはどれくらいぶりかというくらい。
久しぶりだったからだろう。



それからしばらくすると、助詞の「は」が気になってきたり、散文的なんじゃないかと反省の気持ちが湧いてきた。
自分でも満足いく一首を目指したい。







新聞に載った短歌のまとめを更新した。
NAVER まとめ https://t.co/HGIHUKNZ1i

今年になってこれが21首目かな。
河北歌壇12首、
日経歌壇5首、
毎日歌壇3首、
そして読売歌壇1首。

新聞に投稿しはじめた2014年からの通算だと79首。
河北歌壇37首
日経歌壇12首
毎日歌壇21首
読売歌壇4首
よみうり文芸 宮城県版 5首。

自分では多いとも少ないとも思ってない。100になると桁が上がって気持ちいいだろうなと思いながら続けている。このペースだと100首に届くのは来年になりそうだな。


んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR