ぬらっ。それはとても印象深い

ぬらっ



昨日見たYouTubeの動画でも貼ろう。

"タ ラケ!  お金を払ってて も見たいクイス   万引きGメン" を
https://youtu.be/_u-hBoPsvvQ

一時間のクイズ番組。珍しい内容でB級感がただよう。



"【爆笑】芸人が選ぶ今までで一番面白かった瞬間2" https://youtu.be/QTndly7cCPM
「水曜日のダウンタウン」という番組から。あんまりテレビ見ないから知らなかったんだけど、おもしろいなこれ。








工藤さんのブログに、短歌雑誌を買ったりして、歌の投稿欄があるとすぐ出してしまう、そういう短歌との関わり方というか、やり方というかを自分はしている、というのがあり、それはとても印象深いですね。

と正岡豊さんがツイートしていた。
責められていないのにチクッとされたように感じるのは、オレのほうの問題だろう。
正岡さんは何か言ったあとに「それはいいことでも悪いことでもないんだけど」といった締め方をすることが多くて、そこからいつもモヤモヤした印象を受ける。苦手だ。上の「それはとても印象深いですね」もそういった処理に見える。

いいことでも悪いことでもない、は言葉通り受け止めればよいのだろう。「悪いと思ってるくせにハッキリ言わないんだろ」と思いたくなってしまうが、それはオレの性格の投影だ。







九月末までに締め切りがある短歌の主な大会・コンテストとオレの応募予定まとめ|mk7911|note(ノート)https://t.co/EkvWxojvMx

有料マガジンを更新しました。工藤の有料マガジンは500円でさまざまな記事が読めます。

有料マガジンも書いた。今回はちょっといいものが書けた。







ツイッター @mk7911 でやっている「ぬらっと!短歌大賞」は二日目。4つある部門の三つ目の途中までを発表した。順調といえば順調だが、そろそろ上半期が終わってしばらくたつので、終わらせたいところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR