ネットプリント毎月歌壇2016年6月号に短歌が掲載されました

ネットプリント毎月歌壇 2016年6月号で、谷川電話さんの選で短歌を載せていただきました。



妹に買ってもらった緑色かぶって暗い一年だった/工藤吉生


(評)
妹に買ってもらったのは、緑色のなんだったんだろう。かぶるものだから、帽子かな。仮に「緑色の帽子」だとして、なぜ「緑色」のほうを残し、「帽子」のほうを省略したのかというと、当人にとっては、それが「帽子」であることなんかどうでもよく、「緑色」であることこそ重要、というか、そのことしか意識にのぼってこなかったからだ。これを他者に理解してもらうために無理に「妹に買ってもらった帽子」としてしまうと、この歌の魅力は半減してしまう。「妹に買ってもらった緑色」という認識こそが、作中主体の内的な真実なのだ。ぼくはこの真実に感動した。そのまま歌にてくれて、ありがとう。
(略)



長いのと、全部見せるのがもったいないので後半は略したが、このように長い丁寧な感想をもらえるのが「毎月歌壇」の魅力だ。
発行回数81回、投稿数51首とある。投稿数はあんまり増えなくてもいいから発行回数は増えてほしい。でもまあこの二つは連動してくるだろう。




まだこのネットプリントはコンビニで出すことができる。ツイッターから発行番号をコピペしておく。


【ネットプリント毎月歌壇〈六月号〉】

セブンイレブン
→プリント予約番号【07568395】

サンクス、セイコーマート、ファミリーマート、ローソン
→ユーザー番号【XAWDJ4K35G】

A4/白黒/1枚/20円/6月26日 23:59まで



略された評のつづきもだけど、ほかの入選歌をぜひご覧ください。







宣伝。
短歌俳句川柳を自解する|mk7911|note(ノート)https://t.co/Lg9JihMZzD

有料マガジン【500円】を更新しました。6/19発表のものに関して、どんなふうにして短歌俳句川柳をつくったかを書きました。
この有料マガジンは500円でいろいろな記事を読むことができます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR