ぬらっ。まぼろしの映画


ぬらっ



「淵湖川」という時代もののアニメ映画をみたくなる夢だった。

日本か中国の古い世界が舞台。捕らわれて絶体絶命の主人公が起死回生の奇策を思い付くところで予告がおわっていて、絶対見よう、探して見ようと思ったら、夢だった。見たかったなあ。







弟の病院につきあった。ググったらやばい病気の可能性があったから。
家族を病院につれていくなんて初めて。自分の行動力を、なかなかよいと思った。ずっと待たされているので途中でぬけてきた。

待っている間に読んだ「ビッグコミックスピリッツ」がおもしろかった。こういうものをおもしろく感じる歳になったんだな。その漫画に病院名が書いてあって、「盗む人がいるんだな……」と思った。


結局、なんでもなかったようだ。よかった。






作家の柳美里さんがツイッターやってるの知らなかった。 https://t.co/skDA36Yjy9
有名人にイイネされると反応してしまう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR