ぬらっ。Habiticaというアプリを始めてみた

ぬらっ。



Habitica
っていうアプリを始めてみた。

ゲーム感覚で自分をレベルアップさせるタスク管理アプリ【今日のライフハックツール】 https://t.co/pWa0cPVSNn


っていうツイートが流れてきたのがきっかけ。

オレは毎日やってる習慣があって、それはできたりできなかったりする。めんどくさくてできなかったり、体調が悪くてできなかったりする。
できたら体調が悪いとき以外はこなしていきたいんだが、なかなかこなせないのが実際のところだ。

やるべきことをやりたい。

そのニーズに答えてくれそうなアプリだ。今までタスク管理とかそういうアフリは使ったことがない。

インストールして使っているが、なかなかいいと思う。

詳細は上に貼った記事を見てもらえれば、それ以上言うことはない。

やるべきことを設定して、やったらチェックする。チェックすればするほど経験値やゴールドがたまる。ゴールドをためるとアイテムが買えて、アバター(自分の分身、自分のキャラ)がグレードアップしてゆく。レベルも上がるとなんかいいことあるんでしょう。まだよくわかんないけど。


やれないとヒットポイントが削られる。ためしに死んでみたら、それまで蓄積されたものがパーになるようだった。







オレはまず読書や投稿に関することを設定した。ブログに関しても設定した。このブログも、更新したらHabiticaにチェックをいれるつもりだ。

締め切りのある投稿やなんかも設定した。Habiticaをやるたびに思い出すし、やっつけるのが楽しみになる。

ついでに、「仕事」っていうのも設定してみた。仕事を終えて帰ってきたらポチッとする。

めんどくさいことは片っ端からこれに入れて経験値やゴールドに変えてしまおう。
毎日やること、期限つきですること、曜日別、難易度までいろいろ設定できて、気が利いている。

続けていきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR