ぬらっ。ダイハード2/チミ

ぬらっ



今朝の日本経済新聞の歌壇に短歌が載った。

そろそろだとは思ってたんだよ、日経は。思ったより遅かったし、位置も良くなかったけども。でも安心した。毎月のものがちゃんときているなと。



河北新報はしばらく載らない。今度こそ嫌われてるんじゃないかとか、なにか規定に違反したのかもしれないとか、心配になる。
それはつまり自分の歌のいたらなさ、つまらなさを直視したくないんだろう。


新聞に載った短歌のまとめを更新しました https://t.co/HGIHUKNZ1i







短歌研究新人賞を狙っている。オレがただのネットでうるさい投稿野郎なのか、もう一つ上の現代歌人なのか、決着をつけにいきたい。
歌人調査票を清書した。作品は原稿用紙にうすく下書きした。明日決める。







歌広場淳さんのイベントのユーストに興味があって待機していたが、待っていたところとちがうところで放送されていたらしい。がっくり。







中学のころに、社会科の先生が宿題を忘れた生徒などに罰として「チミ」をやってるのを思い出していた。
チミとは、髪のうしろの生え際のあたりをキュッて引っ張るの。検索したが出てこなかった。

やりながら「チミ!」って言うからチミ。「チ」にアクセントがつく。

チミをやる先生だから伊藤は「チミせん」と呼ばれていた。







ダイハード2を見た。面白かった。いいなあ。

あんまり感想を書くようなものではないのかもしれない。とにかくハラハラして爆発して気持ちよかった。
スチュワーデスがでしゃばってきすぎるのとか、通信機器の違いとか、いくらかこまかいところに気がついたが、全部どうでもいいくらい楽しかった。
思わず声を出して笑ったり、うめいたりした。
カーチェイスとかやるんだと思っていたが、今回は飛行機の映画だった。







DAISHI DANCEの「GEKIMORI」ってCD買ったけど、思ってた感じじゃなくてとまどった。まあこういう音楽も一枚くらい部屋にあってもいいだろう……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR