ぬらっ。はちきれる

ぬらっ



昨日の夜に書いたものを置いておく。







今夜も嫉妬ではちきれそうだ
やってもやっても地下にいる感じだ。コップのなかの嵐だ。

おだぎりさんのブログ「波と手紙」見たんだけど、「目立ちたい性分じゃないけど実力をつけていきたい」みたいなことが書いてあって、立派なもんだなとおもったね。

オレなんか目立とう目立とうばっかりだから。上にいくと目立つから上にいきたがるんで。下が目立つ仕組みなら上にいこうとしないだろうな。

実力というより、誰がオレを高く買ってくれるかを気にしてしまう。

たとえばブログの検索順位をあげようと工夫してるのなんて、目立とう精神以外のなにものでもない。



これは前にも書いたけど、小6のころに「おまえはマミのことが好きなんだろ」と言われてからクラスのマミさんを意識しはじめて、ほんとにしばらく好きになっちゃったことがあった。そんなふうなことが今も短歌で起こる。誰かを好きとかじゃないけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR