「未来」2016年3月号を読む  ~何に絶望していないのか、ほか

「未来」2016年3月号。



はいこれと妻が渡せる終末ノート住所と名前だけは書いたが/中村八州夫

幕切れのいまわの際の文句など考えており眠れぬ夜は/(同)

→死への準備をしている一連だが、ノートに書き込むことがないし、最後にふわしい台詞を考えたりしている。まだまだ準備は進まないようだ。
「住所と名前だけは書いたが」は勉強の苦手な生徒が答案を前にしているようでおかしみを感じた。


目と口をほつかり開く少女の埴輪知恵に汚れぬ貌の美し/間鍋三和子
→「ほつかり」は良いオノマトペだな。
ハニワといえば「おーい はに丸」は頭が悪かったな。それゆえ愛されるキャラだった。



ストリートビューに尋ぬる歌びとの住まいそれぞれ意外とつつまし/内川英夫



体積を計算したくなるやうな雲の塊いただきを越ゆ/山吹明日香

→どんな形の雲だよと思わせる、おもしろい表現。この雲は、いただきの向こうでも誰かに計算したさを届けているだろうか。


生卵とく箸のおと鋭くて何に絶望していないのか/嵯峨直樹
→カッカッカッてやるやつかな。その音の鋭さに、希望とまでは言わなくても、生きる意欲のようなものを感じとったのだろう。「何に絶望していないのか」はすべてに絶望していることが前提のような、とがったものを突きつけられる思いのする表現だった。


海面に降るとき雪は見るだろうみずからのほの暗い横顔/服部真里子
→わからないなりに何か陰鬱なものを受け取った。
雪が海面に映っているということだろうか。雪に、見るための目があるとしても、正面からの顔に見えるはずだ。一枚の鏡の前で自分の横顔を見ることはできない。そんなところも不思議な歌。


死ねる紐も死ねない紐も巻かれいて手芸洋品店紐売り場しずか/岡崎裕美子
→手芸の紐に数々の絞殺を見ている。「手芸洋品店紐売り場」と、くどい言い方をしているところにも恐ろしさがある。


ひとりぼつちこれつぽつちの冬の夜にコンビニのレジで確認を押す/杉森多佳子「ゆきあひ」
→「ぼつち」「ぽつち」が重ねられている。なにかを押すときにはよく「ポチ」というオノマトペを使うものだ。



あんなふうに言うべきではないと吾にいう人ありお箸を洗うとき/岩尾淳子



両方の手首をデスクに置いたとき断頭台のつめたさはある/飯田彩乃「冬の銀河」

→未来年間賞受賞第一作から。「冬の銀河」ってなにかにあるよなと思ったら、近藤芳美の歌集だ。
手首から断頭台を導き出したのがいい。



宇宙までふっとぶも良しと嚔して今ふたたびの安寧にいる/小田優子



横面を打つ 野外ライブ二曲目のサビの手拍子ほどの強さで/森本直樹

→つまりそれって強いのかどうなのか。二曲目ならまだまだ体力があり、サビなら盛り上がっている。なかなかの強さだ。野外の開放感もある。


ボリューミーな燃やせるごみを破らずに押し込むパンプス靴底は赤/木田けんじ
→「ボリューミー」なんて短歌で初めて見た。
「靴底は赤」に押し込む様子が見えるようだ。この赤は「燃やせるごみ」に掛かっているのか。
「燃えるごみ」じゃなくて「燃やせるごみ」なのか。ふむ。


いざ降つてみたらばなんとはしたない地面であらう熱にまみれて/伊豆みつ「降る」
→さっきの服部さんの歌とならべてみたい。雪に成り代わる歌。一方は海に降り、こちらは熱にまみれた地面に降っている。
熱があるのは「はしたない」ことだという、雪の価値観が出ている。


言えないを言える時代はもう過去か 納まりのわるい包みが届いた/依田昇「誤解」
→下の句のおさまりの悪さは計算のうちか。口に出せない何かが届いたようで不穏だ。



盗品のやうな時間と思ひをり十指の爪をメイクする間(あひ)/藤田冴



隣家のクリスマスツリーの電飾のレム睡眠のごとき点滅/庄垣内淳子





以上です。







『未来』に載ったオレの短歌のまとめはこちら。毎月更新されています。三月号の分もアップしました。
http://matome.naver.jp/m/odai/2145087691179204501


んじゃまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

工藤吉生(くどうよしお)

Author:工藤吉生(くどうよしお)
仙台市在住。2011年に枡野浩一さんの「ドラえもん短歌」の影響で短歌を始めました。

▽短歌雑誌「短歌研究」「角川短歌」などの読者投稿欄、
▽新聞歌壇「毎日新聞」「日本経済新聞」「読売新聞」「河北新報」
▽テレビ「NHK短歌」
などで作品を発表してきました。

短歌結社「塔短歌会」に2012年から3年間所属していましたが退会し、現在は「未来短歌会」彗星集に所属しています。

▽角川短歌ライブラリ刊行記念「わたしの一首」コンテスト大賞受賞。
▽第57回短歌研究新人賞候補。
▽Eテレ「NHK短歌」年間大賞(2016年3月、佐佐木幸綱選)。

ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにツイッターで短歌をほめられたことがあります。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR